きんたろうの家 すい臓ガンのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年経過。もう末期!

おじいちゃん 危篤

 

28日、またおじいちゃんのところに見舞いに行きました。

酸素マスクをしているのでどうしたのか看護師さんに聞くと、昨日の夜、指先で体温や酸素の量を計測しようとしたら、体温が低すぎて計測できなかった、と。

 

体温が低いと言うことは、酸素が回っていないと言うことで、酸素マスクをしているそうです。電気毛布も掛けてありました。

 

最近は、呼びかけたら、調子がいいときは「きんたろうちゃん!」と答えてくれて、頭はしっかりしているけれど、ひとこと二言発することが出来るだけで、後はずっと目を閉じていました。

 

でも今日は今までになく目をぱっちり見開いて、自分で酸素マスクをずらして、何か一生懸命話そうとしていました。

「なに?」と聞き返しますが、どうしても聞き取れません。

たろ夫のことを案じているのかなあと思いました。

 

いったん家に帰り、おじいちゃんの様子を報告し、今日は見舞いに行った方がいいよと言って、二人でもう一度病院に行きました。

 

たろ夫は、自分の体力が弱っているせいもありますが、おじいちゃんの見舞いに行くと、どうしても死を意識してしまうため、精神的につらくて、ほとんど顔を見せていませんでした。

 

おじいちゃんはやはり目をぱっちり見開いて、たろ夫に何か言っていましたが、聞き取ることは出来ませんでした。

 

後でわかったことですが、酸素を体に送り込むと、このように一時的に意識がはっきりするそうです。

高山を酸素ボンベを持って登ったときの状況と似ていますね。おじいちゃんは元気になったわけではなかったのね。

 

いよいよ危ないなあ・・・。

 

 

29日火曜日、午前10時頃、病院から電話があり、「危篤」だと・・・。

二人でまた、慌てて行きました。

 

酸素マスクをして息が荒く、もう目を開ける力もないようでしたが、意識はあり、呼びかけると私たちが来たことはわかっていました。

今回は、血圧80と50で、すぐに亡くなりそうだとは思わなかったので、病院を出て、葬儀屋に行くことにしました。

 

近い将来葬儀屋にお世話になるので、いろいろと話をして、段取りをつけて帰ってきましたが、明日はたろ夫の、3週間ぶりの抗がん剤の日なんですよね・・・。どうするんでしょう。

 

f:id:suizougan:20161128234244j:plain

記事の内容が重苦しいので、かわいい写真でちょっとでもさわやかになれますように。

野生の子鹿です!