きんたろうの家 すい臓ガンのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年経過。もう末期!

気持ち悪い腫瘍マーカーの推移

 

腫瘍マーカーは早期診断としての意義は少ないと言われています。

 

むしろ、初期にはアミラーゼ、リパーゼと言った、基本の血液検査に含まれる膵酵素の数値に異常が現れるそうです。

 

いずれにしても、血液検査のオーダーを出すときに、何を調べるのか、そして結果の数値から何の病気を疑うか、というのは個々の医師のセンスが問われるらしいです。

 

たろ夫の場合は、開業医のところでまずエコー検査して、「これはだめだ!」と言われ、大学病院送りになりましたから、血液検査が実施されたのはすでに末期がんを疑ってのことでした。

 

ただ、ステージⅣのすい臓がんだと言われたにもかかわらず、以下の通り、腫瘍マーカーは気持ち悪いくらい少なかったです。

 

2015/10/27   CA19-9  0.7 (基準値37.0以下)

12/22             0.7

2016/ 1/18         0.7

5/23               2.1

5/30               1.7

7/11               1.9

8/31               1.0

9/14               0.9

10/12             0.8

11/9               0.7

 

 

もう一種類の腫瘍マーカーCEAでは、

2015/10/27・・・・・・12.4(基準値3.4以下)  →   2016/11/9・・・・・・12.5 

 

こちらも、基準値は超えていますが、数値は少なめで、ほぼ変わっていません。

 

何だか狐につままれたような気分で、途中で、「もしかしてがんではないのではないか?」と思ったこともありましたが、抗がん剤で腫瘍が縮小するのですから、がんですよね??

 

意味がわからないので主治医に質問しましたが、「数値はあまり気にしなくていいです」とのこと。

 

自分で調べてみたところでは、「日本人に約4~10%いると言われるLewis血液型陰性者(抗原が産出されない)では偽陰性となるので注意を要する。その際はSpan-1やDUPAN-2などの測定が診断に有用である 」と書かれていましたので、たろ夫はこれなのかな??

 

主治医の先生に話してみるのも勇気がいります。CEAの方は少ないながらも基準値の3倍近くなので、これを見ていくから大丈夫と言われるかもしれませんし。

 

やはり、主治医の先生とは良い関係を保ちたいので、ちょっと質問しにくかったりします。

 

以前、「標準医療は・・・」と質問したところ、「標準医療というものはありません。標準治療というのならあります。」とビシッと返され、素人の私は、そうですか、すみません、と、なんか謝ったのですが、後でネットで調べてみると両方ほぼ同義語で用いられていました。

 

いいじゃないか~どっちでも~!!

 

いや、本当、まじめに今度先生に話してみよう。怖い怖い。先生がじゃなくて、この先が。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ

↑他の方々の経験も、とても参考になります。