きんたろうの家 すい臓ガンのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年経過。もう末期!

大きな変化

f:id:suizougan:20161206145847j:plain

たろ夫と1泊2日の旅行に行ってきました。

たろ夫は超スケジュール人間。

前もって分刻みのスケジュールを組み、その通りに行動しようとするので、昔から家族旅行は軍隊の訓練のようでした。

 

今回、12月5,6日に旅行に行くというのは1ヶ月以上前に旅館の予約を入れて決めていたことだったのですが、11月9日の抗がん剤投与の時に、血液検査の結果がものすごくぎりぎりOKだったため、次回は2週間後ではなく3週間後の予約になって、本来体調が良いときに出かける予定が狂ってしまっていました。

(たろ夫はスケジュールを組むのが早すぎるのです!)

 

しかし、義父危篤のニュースが入ったため、3週間後も投与見送りとなり、4週間抗がん剤休止期間が続き、その間に義父が亡くなったため、旅行自体も安心して出かけることが出来ました。

結果オーライです。かなり絶妙なタイミングでした~。

 

たろ夫は2時間ぐらい運転して、目的地付近に到着し、適当なところで昼食を取り、30分ほど散策して車に付いたら速攻で居眠りを始めました。

f:id:suizougan:20161206145956j:plain

 

今のたろ夫の体力はこんなものなのでしょう。

3時半に旅館にチェックインの予定でしたが、時間が有り余って仕方がありませんでした。

どうにか時間をつぶし、3時にチェックイン。

 

それから温泉に入って、6時の夕食までまた休憩。

夕食はおいしかったけどたろ夫はかなり残しました。

留守番している息子に持って帰るために、タッパーと保冷剤を持ってきていたので、ヤマメの塩焼きなど、こっそりお持ち帰り。あはは。

 

「がん宣告から1年1ヶ月だね~。良かったね~生きてるね~。」とお祝いしました。

 

次は〇〇へ行こう。そしてその近くの△△にも寄って、✕✕を食べよう。

 

そんな楽しい将来の話しをするものの、具体的な日にちは最後まで言い出せませんでした。

飛行機に乗っていく遠方への旅は、もう無理だとわかっているのだと思います。

 

これからは、毎日、一日一日を大切に生きていくのだ、そういう覚悟をしなければなりません。

明日は抗がん剤第2治療の8回目の投与の日。

ああ、この2週間ぐらい、本当に元気でした、抗がん剤を打たなかったから。

 

ところで、旅館で、最後に朝もう一回温泉に入ったとき、ふと看板の表示に目をやると、「禁忌症」・・・「悪性腫瘍」と書かれていました。

 

うぇ~~~!!!!知らん。黙っておこう。

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。


にほんブログ村

 ↑他のがん患者の方の経験もとても参考になります。