きんたろうの家 すい臓ガンのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年経過。もう末期!

仏壇壊す・家を売る

今日は抗がん剤の第3日目、昼頃やっと抗がん剤のペットボトルもどきが外れました。

いつもならぐったりしているのに、今回は4週空いたからなのでしょうか。

吐き気はするので、メトクロプラミド5mgを1日2錠飲んではいますが、元気に動けています。

おととい抗がん剤を投与した日の夜は「ろれつが回らん」と言っていたので少し心配しましたが、今のところ私よりずっと元気そう。ジェラシー。

 

昨日は、義父が亡くなったので健康保険の資格喪失とか、年金の停止とか、公共料金の解約などの手続きをしなければならず、たろ夫は忙しく、せっせと用紙類に記入して、役場に行ってきました。

 

たろ夫は勤勉な人なので、なにもすることがないことが一番の苦痛で、やることがある方が生きがいを感じるので、全部任せていました。

 

今日は、義父の家に行って、仏壇を壊してきたそうです。・・・えっ?

 

たろ夫は無神論者、私も人は死んだらなにもないという考え方。

 

義父の家の仏壇をどうするかとなったときに、まずたろ夫の弟に相談しました。

たろ夫の弟も信仰心はなく、ものすご~くあっさりした人なので、「僕はどのようにしてもかまわない。」と言う答えでした。(引き取るつもりはない。)

 

うちの次男に相談したところ、次男は「仏壇を引き取れだなんて困る!出来ない。」と言う反応でした。(長男は病気で、親が死んだら入院するしかありません。)

 

我が家のたろ夫ちゃんは、最初自分で引き取るつもりでしたが、自分の先が短いこともあり、その次に仏壇をもらってくれる人がいないとなって、それでは今壊してしまおうと言うことになりました。

 

信心深い方からすれば、「罰が当たりますよ!」等と言われそうですが、日本では信教の自由が保障されていますから、違法ではありません。

 

それにしてもそんなに急ぐ必要があるのかしらと思っていたら、あさって、義父の家と土地を売る契約をするのだ、と。

 

たろ夫はとっくに不動産屋と話を付けていて、速攻で売却が決まったようです。

 

いつもながら、行動が早い。

 

でも私は憂鬱です。

お金が手に入ったら、すぐ大きな買い物をして散財してしまうからです。

本気で電気自動車を買いそう。そんなものいらないのに。

私は病気の長男のために残してあげたい。

 

その前に、私は保険を勝手に解約されたので、自分のこれからの病気も心配です。

 

でもまあ、心配しすぎても一文の得にもなりません。

 

そう言ったら、「一文もいらないのか?」と、金をちらつかせる高利貸しのような半笑い顔で私を見るたろ夫。

 

はあ・・・。

今日は体調が悪いので突っ込みを入れる元気もありません。

 

 

読んでくださりありがとうございました。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

 ↑ 他のがん患者の方の経験もとても参考になります。