きんたろうの家 すい臓ガンのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年経過。もう末期!

なんで外出許可とって外食って!? その1

まったく、たろ夫は頭がどうかしている。

 

入院2日目で、午後2時頃、頼まれた荷物を持って病院に行きました。新聞、フルーツ、はがきなど。

そしたら病室ではなくて、会合室で二人の人と談笑している。

誰???

 

遠方に住んでいるたろ夫のいとこ夫婦が、お見舞いに来てくれていました。昨日入院したばかりで今日遠くからもうお見舞いに、・・・ってなんで??

 

実は元々、義父が入院中だったため、お見舞い兼旅行に来る計画を立てていたそうです。でも、義父は1ヶ月前になくなってしまいました。

で、その時は来られず、今回たまたまこちらに来たときにたろ夫が入院、と言うことでお見舞いに来てくれていました。

 

奥さんの方は昔よく義母宅に遊びに来ていたから会っていたけど、旦那さんははじめてお会いしました。

 

そんなことよりびっくりしたのは、午後2時に行ったのにまだ昼ご飯を食べていない、と。2時間以上も病院の昼食も食べずに話し続けていたようなのです。で、食べないまま、下げられてしまったと。

 

何のために入院したんじゃ!!!バカか!!

 

その上、明日はこの方たちと昼食に行くぞ、とたろ夫が言うのです。無理でしょう、勝手に外出したらだめよ、と言ったら、もう外出許可とった。いいと言われた、と。

 

うそでしょ??

 

ナースステーションに行って確認したら、本当でした。

認知症の疑いもあって入院しているのに、そんな簡単に外出許可って、主治医は許可したのかと聞いたら、許可した、と。

いつものA先生か、と聞いたら、いや、入院病棟のK先生だ、と。この先生、まだ20代じゃなかろうかという感じで頼りないんですが、なんなんですか、どうなっているんですか~~?

 

私の血圧が高くなるのを感じながら、努めて冷静に、「おとといまで、こんなこんなで危険な状態だったんですよ」、と説明したら、看護師さんは、「何日も食事をされてなかったんでしょう?そういう状態だと、電解質というものが脳に回らないので、そのような状態になるんですよ。今は点滴もして、自分で歩けるようになっていますから、大丈夫です。」と。

 

いやいやいや、ちょっと、やめてくれませんか。

外食とか行ったら、また豚カツ食べたらどうするんですか。

もう、ああああ~~~~。

 

脳みそがぶっ壊れそうになりながら、いとこ夫婦にまた明日、と別れを告げ、(だいたいあなたたち、お見舞いは普通数十分で帰るものでしょうが!昼ご飯も食べさせないで2時間って、何なの?と、内心怒り心頭でしたが、たろ夫の性格を考えると、たろ夫が引き留めてべらべらしゃべっていたに違いないとも思うので、この人たちも犠牲者だなと思い直し・・・。パニック!)

二人で地下1階の食堂に行き、たろ夫はそこでビュッフェスタイルの食事をしました。ものすごく食欲がありました。全部食べました。

 

そうなんです、元気になっているんです!信じられないくらいに。

 

ここ数ヶ月の体重は63キロでした。でも嘔吐や下痢で7キロ痩せ、おととい計ったときは56キロまで落ちていたのに、昨日と今日で2キロ増え、58キロになっていました。

ろれつも、ほとんど気にならない程度まで回復して正常になり、妖怪のような表情がなくなり、まだ痩せてはいるものの、にこにこ幸せそうにしています。

 

何が回復の秘訣だったのでしょう??

 

その2に続きます。

 

 ここまで読んでくださりありがとうございました。


にほんブログ村

 ↑他のがん患者の方の経験もとても参考になります。