きんたろうの家 すい臓ガンのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年経過。もう末期!

検討した免疫治療:丸山ワクチン

「丸山ワクチンだって、昔っからノーベル賞候補、ノーベル賞候補と言われて結局ノーベル賞とってないじゃないか!」

 

たろ夫が言い放った言葉でした。

P-THPという副作用のない抗がん剤は、受けてみる価値があると思う、まだ未承認だけど、これこれで、本当にノーベル賞候補なんだ、と説得に当たっていたときにたろ夫が言いました。

 

丸山ワクチン・・・聞いたことはありました。〇〇ワクチン、というのはけっこう何種類も聞いたことがあって、私の中では「少しの延命が期待できる注射」と言うくらいの認識でした。

 

でもたろ夫の口から「ノーベル賞」と聞いたので、あら、そんなにすごいものだったの、と思って、調べてみたら、これも素晴らしいんじゃないかと思うようになりました。

 

どうして抗がん剤として認可されなかったのか、と言う理由には、くだらない学閥争いが関係していたようですね。本当に、良いものは潰される世の中はどうかしています。

 

根拠はネットの情報なので、詳しいことは書かないことにします。ちょっと検索すれば出てきます。

 

たろ夫の気持ちの中では、丸山ワクチンも、受ける気は全くないようですが、私だったら、副作用が少ないという点だけでも、今の主流の抗がん剤よりはよっぽど受けてみたいと思います。

 

たろ夫がどうしてかたくなに免疫治療を拒否するのかわかりませんが、「ものすごく頭の良い医者が、プロがこう言っているんだから」と、今の主治医を信頼しているところはあります。

 

丸山先生だって医者だったのにね。

 

 ここまで読んでくださりありがとうございました。 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

↑↓他の方々の経験も、とても参考になります。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村