きんたろうの家 すい臓ガンのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年経過。もう末期!

検討した治療法:気功・・・からの宇宙論

たろ夫のガンがまだわかったばかりの頃、動揺のあまり、何か本を読まなくちゃ、と書店でガンの本を買ってみたら、その内容が、気功でした。

 

肝臓ガン末期で、余命3ヶ月と言われたお医者さんが治った、と言う実話。

 

気功は科学だと言い切っています。脳波とか、副交感神経が変化するそうです。

 

元々存在していた気功に、中国人女性が手を加えたものだそうです。

 

「フォー」とか「ハァ-」とか言っているのかどうかは知りませんが、運動や深呼吸が大切だということは同意いたします。

 

人間は一日に650リットルの酸素を吸収しています。それを供給してくれる地球のエネルギー、太陽のエネルギーは注目に値します。

 

目に見えない力を否定したり、過小評価してはいません。

 

しかし、深い呼吸と運動は、バランスの取れた食事、よく笑うこと、質の良い睡眠と、私にとっては同等に重要です。

 

なので、気功の考え方は、人体に有害ではないので、(むしろ有益なので)それを信じてやっている方に異議は唱えませんけれども、それを主たる「がん治療」の方法として考えろと言われると、「ぽかーん」という感じです。

 

目に見えない力について考えるのは大好きです~。この世の中、3次元、時空を入れて4次元だと思っていたら、いやはや、11次元だというのが今の科学者の宇宙論でございます。もはや私の単細胞なオツムでは、理解不能です。

 

3次元に住んでいる私たちにとって、想像しにくいことですが、UFOや宇宙人を見た、と言うのも、時空を加えた4次元の世界で物事を考えると、そういう現象は科学的に起こりうる、と説明できます。

 

5次元だ、と言う説をリサ・ランドールと言う物理学者が説いていて、一般向けのわかりやすい本だったので、10年前彼女の本は日本でもベストセラーになりました。

 

だけど。はっきり言って、5次元の世界ですら、1回読んだだけでは、私にはわかりません。3回読んだら、やっと、「読んだことがある」と言えるかな、って感じです。まして11次元なんて。

宇宙の果てまで飛んでいっても理解できない自信があります。

 

と言うわけで、わたしが紹介するとすれば

  1. 「重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る」を読んだ後、

  2.リサ・ランドール「ワープする宇宙-5次元時空の謎を解く」 

     あるいは、

  NHKスペシャル・神の数式(DVD)を見るのが良いと思います。 

 

もはやがん治療とは何にも関係なくなってしまったけど、私のブログだ。なんでもあり!気功の本より宇宙の本推し!

 

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)

 

 

 

ワープする宇宙―5次元時空の謎を解く

ワープする宇宙―5次元時空の謎を解く

 

 

 

神の数式 完全版 DVD-BOX

神の数式 完全版 DVD-BOX

 

 

 ここまで読んでくださりありがとうございました。 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

↑↓他の方々の経験も、とても参考になります。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村