きんたろうの家 すい臓ガンのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年経過。もう末期!

黒い髪が・・・たぶん耐性がついた

「ちょっと見て。黒い髪が生えてきた。」「あ、本当だ~。」「・・・・・・。」「・・・・・・。」

 

2016年8月から抗がん剤第2治療mFOLFIRINOXの投与を開始し、早6ヶ月ちょっと。この抗がん剤、トータルでは10回投与できたところです。

 

1月30日の投与から早11日が経ちました。

足を引きずっていること以外は、吐き気などの副作用もなくなり元気そうです。

(手指、足先のしびれは常にあります。冷たいものを飲むと痛いとか言うのも変わらずあります。物忘れもますます激しい・・・あらら、どこからどこまでが副作用なのかわからない)

 

変化らしい変化と言えば、黒い髪の毛が生えてきたくらいです。

 

しかし・・・。たろ夫は第2治療ですからね・・・。もう経験済みなのです。

 

第1治療の時も、最初の4ヶ月くらい、脱毛が続き、黒髪が白髪になり、つるつるまではいきませんでしたが、まぁ、そうとうはげました。

 

そして、5,6ヶ月目ぐらいだったと思いますが、「最近髪が増えてきた~!」と喜んでいましたら、それは抗がん剤に耐性がついた時期と全く同じでした。

 

去年8月に第2治療の抗がん剤を始めたら、また髪がはげ始めました。

 

そういうわけで、今回、「黒い髪が生えてきた~!」と喜んでいる場合ではないのです。二人、目を見合わせて無言・・・。

 

ああ~、もう耐性がついたな。

 

第1治療の時は、6ヶ月目にCTで肺転移の結節が増えたことが確認された後も、さらに3ヶ月抗がん剤投与を続けたんですよね。

それで、9か月後、CTで、もっと肺のガンが増えていると言うときになって、やっと中止しました。

 

第1治療のやめ時も、先生の判断に任せていたけど、今回も結局そうなるのでしょう。(たろ夫は自分からは絶対中止を願い求めないと思う)

 

これからたぶん、もう少し、だらだらと高価な抗がん剤を打っていくんでしょう。「延命治療」って、こういうことなんですね。

生きるには希望が必要ですね。本人にとっては、食べたり、旅行に行く計画を立てるのが希望です・・・。夢の特効薬、早く開発されないかなあ。

 

2月20日が次の抗がん剤投与の日だから、おそらく、27日にCT検査になるんじゃないかな~と思っています。第2治療、7ヶ月後の検査になります。

 

とにかく、先のことを考えたくないたろ夫。

もう今は、「耐性」「CT」はNGワードです。絶対禁句よ!

びくびく・・・胃が痛いなあ・・・

 

 ここまで読んでくださりありがとうございました。 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

↑↓他の方々の経験も、とても参考になります。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村