きんたろうの家 すい臓ガンのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年経過。もう末期!

なぜ長生きできるんだ、たろ夫!

お久しぶりです。ブログを中断して1ヶ月半経ちました。

 

たぶん糖尿病という診断が下って、絶対病状が深刻になりそうだ、と予測しましたが、・・・元気に生きています。

 

これからどんどん悪くなるだろうから、ブログの再開は、たろ夫が亡くなってからにしようと思っていたんですが、・・・ちょこちょこ手術など問題はありながらも、元気に生きているものですから、再開することにしました。

 

いつも読んでくださっている皆さん、ありがとうございます。

 

4月4日から9日まで、たろ夫は長男と遠方に旅行に行ってきました。

とりあえず、死なずに帰ってきてくれて、本当にほっとしました。

 

まず思ったのが、げっそり痩せたと言うこと。食事がおいしくなかったと言ってはいますが。ガン患者の痩せは本当に怖い兆候です。

 

迎えに行って、5~7キロくらいあるトラベルケースを車に積み込むのをたろ夫が躊躇しているので、私が代わりに積み込んであげました。

本当に、力がなくなってきているんだな、と思いました。

足取りは、相変わらず心許ないですが、今回は、ひどく足を引きずってはいません。これだけは良かったです。

 

顔色も、とても悪くて、目の下にクマができています。何だか、雰囲気が妖怪みたいで怖くなってきました。

 

一緒に行った長男は意外にもとても楽しかったらしく、いろいろな経験を話してくれました。

本当は、旅行前日までたろ夫と一緒に旅行に行くのがストレスで、鼻血を出していたんですよ。

まあこれも、結果オーライです。

 

4月10日月曜日

いつもの大学病院で、mFOLFIRINOX、第13回目の投与の日でした。

血液検査の結果、白血球も血小板も正常値で、(血小板は154ですが)投与できました。

肝臓の数値2つと、腎臓の数値2つが高値で、まあ、そんなところかなあというかんじです。腎臓には嚢胞があることがわかっています。

 

眼科のオーダーで、CLCRと言う血液検査もしていました。

正常値89~144のところ、62です。ネットで調べたところでは、低値だと、糖尿病腎障害だそうです。14日、眼科の検診の時、なにか言われるのでしょう。

 

 4月11日火曜日

旅行疲れもある中で抗がん剤を打ったから、今回は相当ぐったりしています。

顔が、今まで抗がん剤を打った後は肌のつやがなくなっていたのに、今回はギトギトとしていて、色も紅潮しています。副作用なのでしょうが・・・今までと違うというのは心配です。

 

吐き気止めも飲みましたが、今回は吐き気が強く出ているようです。

これに懲りて、6月にまた遠方に旅行に行く計画を立てていたのですが(高さ数千メートルの高山に行くなどと)、これは、本人自ら自粛しました。

 

当然ですよ!普通の人でも空気が薄くてハアハア息が切れるのに。

余計な心配をさせないで欲しいと猛烈に願います。

 

4月14日(金)

今日は、首を長~くして待っていた眼科の診察の日でした。

結果は、糖尿病網膜症はない、と言うことだそうです。

5月29日から両目の白内障の手術のため、入院になりました。

4月じゃありません、5月末です。

順番来るまで待ち長いわ~~~

 

・・・・・・それにしても、糖尿病って言われなかったです。

検査結果というのは信じられないくらい「縦割り」なのですね。

CLCRが低値だったら、糖尿病腎障害だとネットには書かれているのですが、「眼科」に関係ある糖尿病は「糖尿病網膜症」なので、それではない、ということで、問題にされませんでした。

 

結局、私が糖尿病を疑っている、という状態が続いており、本人が内科にかかるしかありません。

 

でも、紅豆杉は糖尿病にもとても良いそうで、そうとは知らずに良い民間治療を見つけたものだと思っています。(「紅豆杉の効能 その2」の記事をご覧ください。またそのうち抗がん以外の効能も記事にしたいと思っています。)

 

髪の毛がふさふさだと、数ヶ月前に書いたと思いますが、今もふさふさではあるのですが、長く伸びてこないので、散髪にもうずっと行っていません。

これって、“抗がん剤あるある”なのでしょうか?

 

それではまた続きは次回。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ

↑他の方々の経験も、とても参考になります。