きんたろうの家 すい臓ガンのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年経過。もう末期!

両目の手術、おわりました

5月31日水曜日、白内障の手術が左目だけ終わり、ハエの目のような銀色の眼帯が取れました。

 

本人曰く「気持ち悪いくらいよく見える!」

それはよかった、よかった。

 

黒目の上の部分が充血しているけど、午前中、部長回診があって、異常はないと言われたそうで、たぶん、充血もだんだん引いていくのでしょう。

 

6月1日木曜日、早くももう片方の右目の手術をしました。

 

今回の手術開始時間は予定では10時半、実際は12時半になりました。

前回に比べれば待ち時間が半分になりましたから、喜ばなければなりません。

 

そして、目の病気とはいえ、きっと、様々な、難しい病気の方々がいらっしゃるのだろうな、大変だな、とも気づきました。

(ただね…、皆さんもご存知かと思いますが、お医者さんって、結構人を待たせることが平気になっている方も多いですからね…。

職員専用食堂に行くのに、12時過ぎたら込み始めるから、自分は急いで11時に行く!などという方もいらっしゃるんですよね…。午前中の患者を待たせて…。今回どうかは知るよしもありませんが。でも、お忙しいのも本当だと思います!)

 

6月2日金曜日、右の眼帯も取れました。

 

「ぴかーーーっ」と見える!!

と、大喜びのたろ夫です。よかったね。

術後が順調なので、明日、土曜日退院となり、来週金曜日、また見せに来ることになりました。

 

目がよく見えるって、幸せなことですね!

本人はもともと、目が良かったので、40代になって老眼が入りだした頃、それを食い止めるためにわざと暗いところで本を読んだりして(注:効果はありません)、無駄な抵抗をしていました。

近視の人も、老眼になりますよ。

 

今回、数か月で急激に白内障が進んだのは、やはり癌の影響は否めませんが、とりあえず、成功を喜びたいと思います。ほっ。

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ

↑他の方々の経験も、とても参考になります。