きんたろうの家 すい臓ガンのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年経過。もう末期!

すい臓がんカフェ、すい臓がんカフェっていうけど

 わたくしきんたろう、悩みを抱えています。 すい臓がんカフェで解決できるでしょうか。


その1.お便りをくださる方の中に、わたしのことを、「たろさん」と呼ぶ方がいらっしゃいます。「きん」が姓で、「たろ」が名前だと思っていらっしゃるようです。

私の昔のニックネームが『きんたろう』だったので、それをブログの名前にしただけであって、わたしの姓は「きん」ではありません。

さらに、「きんたろう」と、インターネットで検索しても、女芸人のキンタローさんのことばかり出てきます。何の関係もありません。誤解を解きたいです。


その2.たろ夫がまた、車を買いたいと言い出しました。

今年1月、「天ぷらと豚カツ食べて下痢・嘔吐、入院事件」を経て、もう、電気自動車はあきらめたところでした。

しかし、ここにきて膵臓と肺転移のがんが、6か月連続して縮小し、調子がいいものだから、 また考えが変わってしまいました。

今度はプリウスのPHVが買いたいと猛烈に主張しています。

私には大きすぎて運転できないし、お金の無駄遣いだから、やめさせたいです。 
 
 

その3.私は、このブログを始めた頃、たろ夫はあと半年くらいで徐々に衰弱して亡くなるのだろうと 思っていました。

まさか、1年7か月経っても、これほど元気な状態にあるなんて、思ってもみませんでした。

彼はこの先、いったいいつまで生きられるのでしょうか。 
手術できる日が来たりするのでしょうか?

 

その4.たろ夫に内緒で始めたブログ、私はいつ、たろ夫にカミングアウトすればよいでしょうか?

もしも、万が一、奇跡が起こって寛解したとしたら、たろ夫は喜んで自らすい臓がんカフェに申し込んで、『自分がなぜすい臓がんを克服できたか』を、1,2時間熱演すると思います。リサイタル付きです。(なんてったって、ジャイアンですから。)

それまで内緒にしていていいですか?




このような悩みは、今、すい臓がんカフェに参加しても解決しそうにないです。 
 

そういうわけで、私は今は参加できませんが、正直、すい臓がんカフェ、とても良いと思います。

いろいろと経験を聞いたり、知恵を出し合ったり、励ましあったりできる仲間に出会えるとよいですね。

 

ブログのコメントを通して、私にもアドバイスや応援のお便りをくださる読者の方々に、心から感謝申し上げます。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ

↑他の方々の経験も、とても参考になります。