きんたろうの家 すい臓ガンのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年経過。もう末期!

警察へのささやかな復讐(後編)

前編はあれだけで完結で、後編は『警察へのささやかな復讐』の別のお話です。昔から警察に対してはあまり良い思いを持っていないわたしの小さな小さなお話です。

 

もう、20年くらい前、道を歩いていた時に、1000円札を拾いました。

今はどうだか知りませんが、当時、“拾得した金額が500円までなら自分でもらってもよいが、それ以上だと、警察に届けなくてはいけない”、というのを聞いたことがあったので、まじめなわたしはわざわざ近くの交番に1000円届けに行きました。

 

そしたら、そこのおまわりさん、1000円の調書を書き始めたのはいいのですが、よほど暇だったのでしょう、異常なくらい、ゆっくり丁寧に地図を書き始めたのです。地図が描けないとか、仕事が遅いとかいう感じではないんです。

国会の、牛歩か!と言いたくなるくらい、わざとゆっくり書いているとしか思えない光景でした。

 

結局、1時間くらいそこにとどまらなくてはならず、せっかくいいことをしたと思ったのに、1時間、警察で無駄に足止めを食らってしまった、という残念な気持ちになって帰りました。もう、本当にがっかり。

 

その後、1か月後くらいだったでしょうか、また別の道を歩いていたら、

今度は『警察庁』と書かれた、イヤホンの形をした盗聴器のようなものを発見しました。そのままにしておくことも出来ましたが・・・(ニヤリ)。

 

フフフ、今回は交番に出向かないぞ・・・。

取りに来させてやる!

 

と、その場で携帯電話で110番通報したら、警察官2人がパトカーに乗って5分もかからないで飛んできました。

 

警察官はブツをよくよく観察し、一言、「偽物だね。」   

と、ちょっと小ばかにするような態度で言いました。

 

「ああそうですか~。」(多分そうだと思ったんだけどね~)

 

わざとじゃないもんね~。善良な市民の通報だもんね~。

 

と、言うわけで、このたびは無事、その場でお開きとなりました。

お巡りさん、お勤めご苦労様でした!

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ

↑次回はきっと真面目に病気の記録を書きます~すみませんねえ~