きんたろうの家 すい臓ガンのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年経過。もう末期!

お盆の前後あたりにブツがくる

今更隠しても仕方がないことですが、一応隠します。ブツとは何か。

今、きんたろう家では、お盆の予定について話しています。

 

これまで年に1回くらい帰ってきていた次男の家族が、たろ夫が病気になって以来、休みのたびに帰ってきてくれるようになり、この1年で4回帰省してきました。

 

今度のお盆は、お父さん、すぐにどうこうなりそうではないから、帰ってこなくていいよ、と話してはいるものの、たろ夫は、例の高額な買い物の実物が届くのを楽しみにしていて、もし、お盆前に届くようであれば、それに乗っておいしいものを食べに行こう!と、次男の帰省をというよりブツを使用開始することを楽しみにしているようです。

 

お盆なんて、レストランはどこも超満員だよ・・・。

 

契約をしたとき、ブツの納品まで2か月くらいあるから、話が覆らないかしらと淡い期待をしていた私ですが、電気工事の業者が来て、充電器の設置のためになんだか工事をしていって、もう、引き返せない状態になってしまっています・・・。

 

免疫治療をするためにとっておいたはずのお金に手を付け、買ってしまった(ようである)ブツ。

長生きできるものも出来なくなった、とお思いの方もいらっしゃるでしょうね。

仕方がないです、本人の人生ですもの。

NK細胞増殖に役立つといいですけどね。

(「あなたが死んだあと私が使うお金はどうするのよ!もったいないわ!」などと言わない私は良い妻だと自分をほめてあげたい・・・)

 

たろ夫がなぜ長生きできているのか、はっきりとしたことはわかりませんが、根性と気合はあります。

 

千代の富士が亡くなったときも、小林麻央さんが亡くなったときも、「俺は死なんぞ!絶対死ぬもんか!」と、自分を鼓舞し、檄を飛ばし、死への恐れを払しょくしているようにも見えました。『精神』も、命に影響があるのではないかな、と思います。いや、密接に関係があるでしょう、きっと。

 

最近は勉強しなければいけないことが多すぎて、脳みそが飽和状態ですが、これ以上無理して脳みそが溶け出してしまわないように、わたしはゆっくりリラックスを心がけたいと思います~毎日暑いですので皆さまもお気をつけて~

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ

↑他の方々の経験も、とても参考になります。