きんたろうの家 すい臓ガンのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年経過。もう末期!

乳がん事件 今思えば感謝している話 その2

乳がん検診に引っかかり、しかし、「水泡」だと診断されて、2年後にまた乳がん検査に行きました。

 

今回は、直接、前回精密検査を受けた病院に定期検査として受診しました。

すると、前回とは違う先生で、「これは水泡じゃないですよ。」と言います。

 

心の声(ああそうですか~。なんでもいいですよ~悪性じゃなかったら。)

 

「良性だと思うが、念のため細胞を取って調べておきましょう。」と言われました。

 

2年前、むだに号泣した経験を持つ私は、(もう~エコーとマンモで異常がないんだからもういいよ~。)と内心思いましたが、先生が熱心におっしゃるので、しぶしぶ生検に応じました。

 

結果は、良性の繊維腺腫でした。

 

やっぱり大丈夫じゃないの~。だって、ガンだったら石みたいに硬いって聞くし。

そんなにゴリゴリしてないじゃない。違うよ~。まあ、よかったよかった。

 

と、その時は思いました。

 

でも、皆さんご存知のように、小林麻央さんのかかった2か所の病院では、残念な結果となり、ここ数年で初めて、エコーやマンモというのがそんなに精度の低いものなのか、ということを知りました。

 

ちなみに、腹部超音波(エコー)の腫瘍描出率は52~63%だそうです。(胸部ではありません)おまけにすい臓なんて、しばしば『描出不能』ですもんね。

そんなに精度が低いなんて、わたし、全然知りませんでした。

 

授乳期はわかりにくいなどと言われていますが、わたしが病院にかかっていたとしても、エコーとマンモの検査をして、医者が「問題ないでしょう」といえば、信じただろうと思います。

 

そういうわけで、私の場合は乳がんではありませんでしたが、あの時生検をしてくれた先生はいい先生だったんだな、と、今では本当に感謝しています。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ

↑応援のクリックお願いします~