きんたろうの家 すい臓ガンのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年経過。もう末期!

最近ちょっと、頭が狂いだした

たろ夫、今度はラジウム温泉がいいと言い出しました。ガン友つながり情報で、玉川温泉に半年通った肺がんの方が、良くなったそうです。

 

それで、たろ夫も行く気になっています。

ラジウム温泉、玉川温泉について調べてみました。

 

放射能泉だということはわかりました。評判も良いです。

詳細は、難しいので省略します。(すみません、勉強不足はいつものことです・・・)

 

でも、ガン患者ではなくても、42度以上の温泉に入るというのは、リスクを伴うものです。たろ夫は血栓持ちなので、ますます危ないと思います。

(そういうことをわたしが言うと、絶対怒り出しそうなので、「主治医に聞いてからにしたら~?」と言っています。)

 

「血圧と血流の変化により、心筋梗塞、脳卒中(脳梗塞・脳出血)、意識障害による溺死が起こりやすくなります。

温泉の成分は関係無く、末期で入浴する事により体力を消耗する、もしくは皮膚転移などで感染症等を引き起こしてしまう。このような可能性さえ無ければ問題はありません。」と、

kinki - 癌に効く温泉? 全国のラジウム温泉・放射能泉はココ!

というサイトに書かれていました。

体力を消耗する、というところがやはり気になります。最近も、汗びっしょり草取りをして体調を悪くしましたから。

 

そういえば、今年は涼しくなるのが早い気がしますね。

去年は9月末まで、とても暑かったような気がします。まあ、今もまだまだ暑いですが。

 

今度、28日が抗がん剤の日なので、その時に主治医の先生に質問するつもりです。

「いいんじゃないですか」って言われるかしら。血栓があるからやめた方がいいと言われるかしら。

 

もう、わたしも疲れてきまして、本人が行きたいのなら、行けばいいんじゃない、と、ちょっと投げやりになってきてしまいました。

 

こうやって、せっせとブログを更新しているのも、なにか記録しておかないと、不安と言いますか、ちょっと、自分でもやり過ぎなんじゃないかと、頭がおかしくなってきたと感じています。

 

お正月前後に一度、それまで体調が絶好調だったのに、天ぷらと豚カツを立て続けに食べたら、急に下痢が始まって、容態が突然悪化して入院したことがありましたので、また、いつそういうことがあるかわからない、という不安が常に付きまといます。

食欲もまだ旺盛だから、そしてよく眠れているから、まだ大丈夫だろうとは思うのですが、それでも、不安なんです。

 

そして、血栓症と骨髄抑制の関係も、正直に言って、よくわかりません。血液ドロドロだから、サラサラにする『リクシアナ』という抗血液凝固剤を飲んでいますが、そうすると、抗がん剤副作用の骨髄抑制を亢進させてしまうんです。

でも、血栓防止の方を優先させねばならず、もう、意味が分からないんです。

 

素人には難しすぎる。(涙)

 

来週の月曜日は抗がん剤だから、本来なら、ああまたたろ夫の機嫌が悪くなる・・・とこちらも憂鬱になってくるところですが、もう、白血球が戻っていなくて、投与すらできないんじゃないか、という不安まで出てきて、パニック状態寸前です。

 

ドラえもんのポケットに何かいい道具がないかなあ・・・

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ

↑他の方々の経験も、とても参考になります。