きんたろうの家 すい臓ガンのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年経過。もう末期!

もう、やけくそっぽく見えて、真面目に考えている私

明日は3週間ぶり、第20回目のmFOLFIRINOX(正確には途中からFOLFIRI)の予定です。

前回から3週間もたっているのに、吐き気がすると言ってベッドにぐったりしています。骨髄抑制がかなり深刻になっているのでしょう。

 

明日は投与できても出来なくても心配ですから、もう心配しません。

もう、慢性的にこんな状態であること自体が、そろそろ抗がん剤の辞め時なのではないかと思いますが、それでもきっと、たろ夫も主治医も、簡単に「ギブアップ」はしないのだろうな、と、半ばあきらめ気味です。

 

たろ夫が7月13日、CT検査で肺転移がんが増大したとわかった上で、抗がん剤を投与時から、抗がん剤の副作用もさらに激しくなった背景には、おそらく「ストレス」も関係しているのではないかと思います。

 

「もう、今の抗がん剤に耐性がついてしまった」という、死への恐れのストレスです。そのストレスが、免疫力を低下させ、副作用を激しくさせているように思います。

 

もちろん、FOLFIRINOX(とFOLFIRI)ももう1年続けて行っていますから、耐性がついたとしても何の不思議もありませんが。

 

これまでやってきた民間治療も、決して無駄だったとか、意味がなかったなどとは思っていません。

コーケントー光線治療のおかげで、(これは局所温熱療法の一種とも言えます。赤外線やマイクロ波より高度です)利尿作用があり、胸水や腹水がたまらなかったと思います。(足裏、背中、胸に当てていました。)

 

紅豆杉も、タンニンを多く含むので、消炎作用、免疫力向上に役立ち、とにかくすごかったな、と思います。

 

過去形で表現しているのは、きっと明日の血液検査結果は悪いんじゃないかな、と思っているからです。でも、見てみないとわかりませんから、あまり悲観的にならないようにしたいと思います。

 

と言いながら、ご紹介する記事は、「お葬式」に関して。

 

相変わらず『鬼嫁だな!』と思われそうですが、現実的なことも、考えていかなければなりません。

 

「死」についてはちょっとでも話題を振ると、顔が引きつるほどに怖がって考えたがらないたろ夫ですが、「自分の葬式にだれを呼んでほしいか」については、がん告知されて結構すぐからせっせとリストを作っておりました。

 

本当に、優先順位が間違っている!!と声を大にして言いたいですし、葬式告知リストを見た後、本人が望む通りにしてあげたいと思うかどうか、あまり自信はありません。

 

出来ればシンプルにしたい。いや、直葬でもいいと思っていた私。

 

でも、下記の記事を読んで、そんなことをしたら、後々大変なことになりそうだと考えなおしました。危ないところだった~。

 

どうぞご参考になさってください。

 

www.msn.com

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ

↑他の方々の経験も、とても参考になります。