きんたろうの家 すい臓ガンのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年経過。もう末期!

体調、悪し

今回(9月19日)の抗がん剤投与は、前回、前々回よりも血液検査の結果(特に白血球)が良かったので喜んでいましたが、それでも、赤血球、白血球、血小板はすべてLowだったんですよね…。

 

ガン腫瘍マーカーCEAも1か月前より0.2ポイント下がっていたこともあり、喜んでいたのですが、抗がん剤投与中も、もう少しで嘔吐してしまうところだったというところから始まり、今日まで、体調は良くないです。

 

今日は、本来ならお墓参りに行く予定だったのですが、スケジュール人間のたろ夫が、明日に延期しました。体がきつい、と。

 

テレビの真ん前の大きな椅子にいつもドーンと座ってテレビを見ているのですが、今日は大好きな旅番組を見ることもしんどくてぐったりして、楽しむどころではありませんでした。

 

3メートル歩けば入れる自分の部屋に、光線治療器があるので、「たろ夫ちゃん、ベッドに行って光線しようか。」と言っても、その3メートルを歩くのもしんどくて動けませんでした。

 

30分位して、少し楽になったようで、やっとベッドに移動し、光線治療を始めましたが、額にアブラ汗がギトギトと。

 

やっぱり変です。首は赤いです。(これは日焼けかも)

 

もうすぐ、すい臓ガンになって1年11か月ですから、もう、ふつうの人の倍は生きていますので、いつどうなってもおかしくはないのでしょうが、見かけは普通なので、一体いつ急に体調が急降下するのかなあと、綱渡りをしているような気持ちです。

 

見かけは普通といいましても、顔色は黄色くどす黒く、歩き方も認知症の老人のように猫背ぎみにふらふらと歩いていますし、頭もうす~いですが、杖や歩行器などを必要とせず動けるという意味で、普通です。

 

それから、少し、話す時にろれつが回っていません。

 

少しずつ、何か、やはり悪くなっているのだろうなと感じます。でも、今日は抗がん剤5日目ですから、あと2日もすれば、相当回復するだろうとも思います。

 

でも3日後から、車で1泊旅行に出かけるんです。片道400km、往復800kmを多分たろ夫が全部運転します。はぁ~、考えただけでしんどい。

 

これがたろ夫の生きる道~~

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ

↑こうなったら添い遂げるしかない!