きんたろうの家 すい臓ガンのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年経過。もう末期!

基本:血液検査のアルファベットの意味・みかた

血液検査の意味をもっと正しく知らなければならないと思い、「検査値・パニック値 ハンドブック」というものを買いました。『看護師のための』という見出しから、ガン患者の血液検査でも通用するような、詳しいことが書かれているのではないかと思いました。自分としては、満足な内容です。

 

これから勉強していくつもりです。

RDWというのは赤血球粒度分布幅なんですね。それで粒度分布幅ってなに?というレベルです。つらいわ~。

 

この本によりますと、

RDWというのは、赤血球の大きさのばらつきを調べるもの。

貧血の鑑別、治療経過の判定などについては、平均赤血球容積(MCV)と組み合わせて調べる。

検査でわかることは、大小不同では粒度分布幅が狭くなる。

再生不良性貧血では、RDWが正常であっても、MCVが高値を示す。

だそうでございます。

 

たろ夫の血液検査項目、40項目くらいあるので、一つ一つ勉強していってたらわたしも看護師さんになれるかしら。(多すぎてふてくされ気味。)

 

まずは、15個くらいある異常値のHighやLowの項目を調べたいと思います。

(それでも大変だわ~~~涙)

 

写真は、本のおまけの早見表で、8ページのうち半分ご紹介しますね。

f:id:suizougan:20171016124359j:plain

 f:id:suizougan:20171016125611j:plain

f:id:suizougan:20171016124425j:plain

 f:id:suizougan:20171016125645j:plain

看護師のための 早引き 検査値・パニック値ハンドブック

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ

↑他の方の経験もとても参考になりますよ。