きんたろうの家 すい臓ガンのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年経過。もう末期!

あの~、ハゲジイジとハゲジジイは別人です

前回『リフレッシュしましょ』の最後の部分を書いたのは、副作用のない抗がん剤P-THPに固執しすぎたのは、とあるブロガーが攻撃してきたのが始まりだった、ということを書いた続きでした。犯人をバラシて、けりをつけたつもりでした。

 

が、とても古くから読んでくださっている読者の方でさえ、あの『ハゲジイジ』がたろ夫のことだと誤解していらっしゃるので、一応、そうではないことをお伝えしておきます。

 

ハゲジイジは、わたしのブログにケチをつけてきた人です。

 

よって、『パートナー』という呼称も、妻きんたろうのことではございません。

ハゲジイジのパートナーさんに、いたわりの言葉をかけただけです。

 

「いつも『いいね』ありがとうございます」と言いながら、「ごめんなさい」は言えないハゲジイジです。(もう、どうでもいい~~~)

 

 

ところで、やっと本題に入りますが、たろ夫、なんとトモセラピーの病院に転院しないようです。

 

わたしが病院に問い合わせる前まで、「今回は、絶対やる!トモセラピーは、する!」と断言していたのに、抗がん剤も、転院先で投与しなければ保険が効かないとわかると、今の主治医と心中することを選ぶようです。

 

1月半ばの海外旅行もキャンセルするつもりはないようです。(もしもトモセラピー治療が始まったら、キャンセルしなければならない日程なんです。)

 

このブログを読んでくださっている方、「本当にそんな人がいるのか」、と思われるかもしれませんが、悲しいかな、本当です…。

 

もう、わたしは慣れっこになっちゃいましたけど、このパターン。今に始まったことではありませんから。はぁぁぁぁ。

 

客観的に考えれば、もう、第3治療に耐性がついたのですから、無治療を選ぶことも本人の自由です。

 

厳密にいうと、エルプラットにはまだ耐性はついていませんが、またあの痺れを経験するのはいやだ、と本人も言っています。

 

しかし、もう、策はない…。もしかしたら、エルプラットを選ぶことになるかもしれません。

 

次回の受診まであと10日あります。

今現在は、抗がん剤も抜けて、遊び狂っております。

(旅行のことを面白おかしく書けば書いたで、妬まれて「嘘くさい」などと書かれてはかなわないので、もうやめました。うっとうしいねえ、ハゲジジイ達…。)

 

もう、トモセラピーを説得するつもりはありません。本人の人生なので。

 

まだ、全然痛みもないし、自分で車の運転ができて、旅行に行けるくらい元気なので、本人も、わたしも、置かれている状況が実感できないでいます。

 

でも、本人も、「A先生のおかげで2年も生かしてもらった。」と言っているように、わたしも、こんなに長生きしてくれて、もう満足している部分もあります。 

 

まあ、こんな感じで気持ちの揺れはありますが、そんなもんでしょう。

人間だもの。

 

BY 出川哲郎 (相田みつを ではない!笑)

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。 

他の方の経験もとても参考になりますよ。 

↓ぜひ行ってみてください。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ