きんたろうの家 すい臓ガンのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年1か月経過。もう末期!

敗北宣言ではない(はず)

m-mさん、応援メッセージありがとうございます。頑張って治療を受けて!とおっしゃってくださる方もおり、本当にありがたいことですが、当のたろ夫は、トモセラピーの病院に転院するのは1月のCT検査を受けてからだと言い出しました。

 

まあ、もともと、今の治療がいよいよダメになった時に次の手を考える、と言っていた人なので、そういう視点で考えれば彼の考えは一貫していますが。

 

副作用のない抗がん剤P-THPの時もそうだし、今回のトモセラピーやハイパーサーミアの設備がある病院への転院もそうですが、絶好の機会をふいにしてしまってもったいないなあと、もう、どう表現したらいいかわかりません。

 

何か、いい例えがないかと考えましたが、アホしか思い浮かびません。

いや、絞り出して、ワンアウト満塁、バントでも1点入るところを、見送り三振してしまったという感じでしょうか。せめて手を出せや~!

 

人間、自分の生き方は自分で決められます。人生の大きな決定、例えば結婚や離婚、転職などは、相当な覚悟や判断力、決断力が求められます。

 

そしてほんのちょっと、決断のタイミングがずれた、あるいは遅かったために、人生が変わってしまうこともあります。

 

たろ夫を見ていると、今、トモセラピーの病院に転院すれば、もう少し長生きできそうだけどなあ、と、残念なんですが、本人が、そうするつもりが全くありません。

 

あくまでも、主治医と円満に「さよなら」したいようです。

 

あのねぇ、主治医の気持ちと妻の気持ちと、どっちが大切なのよ!

こっちはいろいろ一生懸命勉強して、お世話して、あなたが調べてくれと言ったから調べたのに『ボツ』って、(いや、正確には延期)、おかしいだろうが!!

 

まあ、それでも本人の人生ですから。それを認めて、寄り添うしかありません。

 

とにかく、最初の1年は副作用がひどくて、QOLがとても低かったけど、2年目は年末年始の入院以外は、大きな変化はなく、2年も生きることができてよかったね、と思っています。

 

他の方のように、発熱や、炎症や、血管の狭窄でステント留置、ガンの痛みさえも全くないのが不思議なのですが、(ちょっとの発熱ぐらいはあったのかもしれませんが、本人は体温も測らないので、そのままやり過ごしている可能性もあります。)民間療法もきっと合っているのでしょう。

 

最後に、ラオックスという中国人向けのお店の傍にあったソフトクリームの写真を。

 

f:id:suizougan:20171124153038j:plain

ま、これを買うも買わぬも、個人の自由ですよね。

医療の選択も、本人の自由ですわ。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。 

他の方の経験もとても参考になりますよ。 

↓ぜひ行ってみてください。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ