きんたろうの家 すい臓がんのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年5か月経過。標準治療終了

「それでたろ夫さんの体調はどうなの?」

ハイ、すみません。ここのところ主人公たろ夫の影が薄すぎました。気がつけば、もう、あさって月曜日は診察の日になってしまいました。今度は、転院のための先生との勝負、第2局(第2回戦?)になります。

 

11月20日の第23回目の抗がん剤は、交渉の末、今までの8割に減薬していただいたので、今回はずっと「めまいがなくなった!」と、とてもうれしそうにしていました。

 

車の運転をするときは、足の裏の感覚がなくて、厚い靴底の靴を履いているようだ、と言っています。ですので、これ以上痺れるエルプラットを戻すことは全く考えていない、と本人も言っています。

 

長男は、たろ夫のガチャガチャな爪を見て、カルシウムやビタミン剤をプレゼントし、それを飲んだら爪もかなり滑らかになってきた、と喜んでいます。

 

 

転院する気になったたろ夫ですが、時期については、いつになるのかはっきりわからないです。(ハァ~)

 

とても信じ難いかもしれませんが、本人にとって、主治医は、『命の恩人』であり、裏切ってはいけない存在であるようです。

 

彼は、大きな月間カレンダーを壁に貼っているのですが、抗がん剤の予定を、12月11日(月)、そして、12月25日(月)のところにも書き込んでいるのです。

 

もともと2週間に1度であったのが、白血球の戻りが悪いので3週間になり、それでも抗がん剤の副作用が強いので、減薬してもらったところです。

 

転院しようとしているのに、なぜ、更なる抗がん剤の予定日を書きこむのか。それも、体調が今回いいからと言って2週間後に書くのか。

このまま、1月半ばの海外旅行にガン友と行こうと思っているのです。

 

この人は本当にわかってないな~と、わたしのやる気もガクーーッとなってしまいます。

 

本当に奔放で、自分の欲望に忠実に生きてきたたろ夫。

家族が行きたがらないから、一人でも海外旅行に行こうとしているたろ夫。

 

未だに自己中心的な生き方をしているので、最近、わたしとたろ夫で、「人間、だれしもいつかは死ぬ。どんな生き方をするかは大切だ」という話をしました。

 

「自分が死んだら妻が悲しむとか、〇〇(長男)の将来はどうするとか、考えないの?」と、そんなに問い詰めるほどでもなかったのですが、残念な気持ちを言い表したら、

 

「でもA先生は旅行に行くと免疫力も上がりますよって、本当にその通りだと…」と自己弁護をするので、「免疫力は上がるでしょう。それを否定しているわけではないよ。今までの生き方も、ずっと、家族愛より自己愛だったよね。それで、家族はそんなあなたを喜んでお世話したいと思うかしら。」

 

厳しい正論であったので、何も答えられませんでした。病人だからって、不治の病だからって、何でもやりたい放題してわがままを貫いてよいわけではないと思うので、敢えて言いました。その後、

「人はどうせ、いつか死ぬ・・・。もう2年も生かしてもらったしな・・・。」と、つぶやくようになり、トモセラピーの病院に転院することは、今よりも遠い病院に毎日通院しなければならないことになるから、家族の負担になると気づいたのか、だからもうやめようと思い始めたのかもしれません。

 

(すい臓がん判明直前に『そのお金で旅行にでも行った方がいい』と、勝手にすべての生命保険を解約したので、任意保険も何も受け取れません。)

 

わたしはお世話が嫌なのではありません。お金がかかるとか、そんなことを問題にしているのでもありません。

 

ただ、これが、きんたろう家の実情です。

 

今日は、シリアスになりましたが、きっと、多くのご家庭でも、「ガン」という病気が家庭に入り込んできたことによって、家族の在り方が試される試金石になっているのではないかな、とも思います。

 

病気のことを考えると気が滅入ってしまうわたしですが、今日はうれしいことがありました。

 

f:id:suizougan:20171209230132j:plain

 フフフ、去年に引き続き、カルビーのジャガイモが当たりました~~!!イエ~イ!

今回は、芋もよぼよぼじゃありませんでした! 

www.kintaro-o.com

 

当たるコツはですね、応募者が少なさそうなもの、と、この前書きましたけど、もう一つは締め切りよりかなり早めに応募することです。締め切り直前の駆け込み応募では、競争率がとても高いです!

 

というわけで、気分よく寝たいと思います。

 

 ここまで読んでくださりありがとうございました。 

他の方の経験もとても参考になりますよ。 

↓ぜひ行ってみてください。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ