きんたろうの家 すい臓がんのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年2か月経過。もう末期!

こんなはずじゃなかった

1年ぶりくらいに「膵臓がん」カテゴリーで1位になりました!と言っても、全然うれしくないんです。2,3人の方が、総合ではこのブログよりランキングが上ですしね。

 

1年前の今頃は、まだブログを初めて1,2か月だったのですが、その間に入院していたおじいちゃんが危篤になり、胸水(膿胸)で亡くなったり、たろ夫がFOLFILINOXの投与量が多すぎたところに、てんぷらと豚カツを食べてしまったことで、下痢が止まらなくなり、脱水症状を起こしてせん妄状態になり、死にかけたりで、注目を浴びました。

 

その頃すい臓がんブログで1位だったんですね。でも、とあるハゲジジイに何やらケチつけられて、ブログを書く気が失せ、そしてたろ夫も死なずに回復したものですから、だんだん順位が下がっていきました。

 

このランキング、参加していない人にとっては何位であろうとどうでもいいことなんですよね。

わたしもブログを書き始める半年くらい前でしたでしょうか、やはりたろ夫がすい臓がんになったことがきっかけで、なにか参考になるものはないか探していて、インミンさんのブログを見つけ、ずっと拝見していましたが、何位だったのかなんて、気にしたことはありませんでした。全く記憶にございません。

 

ただ、自分がブログのランキングに参加して、病状がいよいよ悪くなってくると上位になってしまうのは、そんなに気分のいいものではなく、まあ、ちょっとひねくれているかもしれませんが、「みんな、そんなに死ぬのを期待しているのかっ!?」って、傷ついてしまう心があったんですね。

 

わたしはまだ、介護者として書いているから少しは冷静になれますが、(と言ってもたろ夫には相当振り回されていますが)、患者当人がブログを書いておられる場合は、精神状態を明るく、そして平静に保つことは、とても難しいことだと思います。

 

自分の身に起こっていることの意味も分からず、痛かったり血が出たり膨れたりと、恐怖を覚え、自分自身の命の不安、苦しみ、残された家族への様々な思いは、本人でなければわからない部分があると思います。

 

わたしも、1年前は何が何やらわからなかったから実況中継していましたが、今後、本当にこれは亡くなりそうだとなった時に、どんな精神状態になるのか、自分でもわかりません。そして、そこからまたどのくらい生きられるのかも、かなり個人差がありますしね。

 

ですから、これから、たろ夫がどんな経過をたどるか、わたしにも全くわかりませんけれども、もし、本人にこのブログのことが知られたら、絶対無事には済まされないと思います。(殺されはしないと思いますが…。たろ夫、両方小指はありますよ~) 

 

余命1年って言われ、ちょうど1年経って、すごく体調が悪い頃だったから、もうこのまま亡くなっていくんだと思って始めたこのブログ。そしたらこんなに長生きしている・・・。

 

こんなはずじゃなかった。

 

嬉しいことですが、本当に、こんなはずじゃなかった、と言うのが本音です。

 

今後、ハイパーサーミアとトモセラピーのある病院に転院することになった場合、こういう病院は全国的にもかなり少ないようですので、細かなこと(何月何日何曜日に病院にかかる、とか、主治医との会話とか)を書いてしまうと、本当に身元がばれてしまう恐れがありますので、適当に、数日ずらしたりして、ばれないように書かせていただきたいと思います。

 

それで今後、転院できた場合は、書いている内容に多少矛盾が生じてしまうかもしれませんが、そういうことだということを事前にお知らせしておきますね。

 

でも、病状や、受けている治療などは、今までも100%本当のことを書いてきましたし、これからもそうするつもりです。だからこそ、こういう病院を見つけて、転院を説得しようとしていることも正直に書きました。

 

そこは、どうぞご参考になさってください。

 

では、闘病生活後半戦、乞うご期待!(テンション低め)

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。 

他の方の経験もとても参考になりますよ。 

↓ぜひ行ってみてください。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ