きんたろうの家 すい臓がんのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年7か月目突入。

すい臓がん2年4か月の誓い

2月の月末で、すい臓がん判明から2年4か月になります。1月初めの抗がん剤投与を最後に、標準治療(抗がん剤)を終了して約2か月経ちました。

 

本当は、3月1日に、切りよくブログを再スタートして、「もし3年経ったときに健在だったら、所在地をカミングアウトします!」とか、「たろ夫にこのブログの存在を告白します!」とか、「たろ夫と一緒にすい臓がんカフェに参加したいから、その時は皆さん何かいい口説き文句を考えてください!」などと書きたいなあと楽しく空想にふけっていたのですが、現実を直視すると、3年を元気に迎えるのは難しいかなあ?と感じています。

 

現在、たろ夫は表面的には元気です。

 

ツムラ107番の牛車腎気丸が、丸ワク先生のおっしゃる通り、1週間10日で効き目が出てきまして、足の指の感覚が戻ってきた!ととても喜んでいます。運転の仕方(特にブレーキの踏み方)が滑らかになってきました。これは、本当に喜ばしいことです。

 

しかし、残念ながら、肺転移のがんは進行しているようで、丸ワク先生のところで血液検査してもらった時に、CEAとCA19₋9も検査してくださっていまして、

 

CEA

6月12日  5.8

7月18日  6.7

8月28日  6.8

9月19日  6.5

10月10日  7.1

11月20日  7.7

12月11日  8.1

1月 5日   9.1 

1月19日 10.0

2月10日 13.0でした。う~ん、過去、最高です。

CA19₋9は“2.0未満”、という数値でした。今までの大学病院とは検査機関が違っているから、表示方法も違いますが、いずれにしてもたろ夫はCA19₋9に反応しないようです。

 

本人の自己申告の症状としては、

「1年前は1500メートル走れていたのに、今は100メートル小走りするのがやっとだ。」とのこと。

 

わたしから見ると、1年前すら走れていたとはいえず、運動公園をゆっくり歩いていただけですし、今も本人は横断歩道を渡るときなど、小走りしているつもりのようですが、わたしからすると何も早くはないです。そして100メートルじゃなくて10メートルでしょ、と言いたくなる距離です。

 

それでも、肺がハーハーきつい、と言います。

 

前回、一番大きな変化は、抗がん剤をやめたのでその副作用がなくなったから、のびのび元気にしていること、と書きました。

 

今現在、また変化があり、今までは「抗がん剤なんかに負けてたまるか!」という根性を発揮していたのが、その不屈の精神を発揮できる逆境がなくなって、気が抜けてしまったような感じです。

 

血液検査の数値は忖度なしに右肩上がりなものですから、そして、肺が息苦しいのも本人が一番分かっていますから、最近は、

 

「自分のことは自分が一番分かる。」

 

と言って、こちらが、「まずは3年目標だね。それから4年。5年。」

 

などと言っても、ポジティブなはずのたろ夫は黙っていて、とても切ないです。

 

と言うわけで、残念ながら「抗がん剤やめても元気ですよ!イエ~イ!」とはいきませんが、絶対、ブログ、最後まで書く!これだけは誓います。

 

わたしはわたしにできることを、がんばります。

(たろ夫の介護を、ですよ!)

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。 

他の方の経験もとても参考になりますよ。 

↓ぜひ行ってみてください。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ