きんたろうの家 すい臓がんのブログ

すい臓がん3年間の闘病記と、思いつくままに書きなぐる絵と文。

高すぎる(?)トイレットペーパー

近所のドラッグストアに11時ごろ言ったら、年配のおばちゃんたちがスタッフさんを取り囲んで『トイレットペーパーないの?』と群がっている。 「今日入荷してたんですけどね~、あっという間になくなっちゃったんです。」と困り顔のスタッフさん。お疲れ様で…

がん保険に入るか、がんリスク血液検査を受けるか

最近イオンから郵便が届いた。「がん保険に入りませんか」という内容だった。 もう十年以上前から乳房に繊維腺腫や嚢胞があると指摘されているので、それががん化することはないと言われてはいるものの、がん保険に入っておこうかなと調べてみたことはあった…

痛しかゆし、いるけどいらない油分

「油はほとんど使わない」といったばかりなのだが。 確かに油の取りすぎは肝臓、すい臓、胆のうあたりに負担がかかってしまうとは思う。 脂肪の分解酵素を作ったりしているところだから。しかし、一方で気づかされたことがある。 油分の不足は老化現象。油は…

大腸がん、乳がん、膵臓がん

毎日食事には気を付けている。濃度の濃い豆乳を飲んだり、(コレステロールが高いのでそれにも効果がある)納豆をなるべく毎日食べたり。 青魚もかなりの頻度で食べている。リンゴも毎日食べている。自分で料理し、油の使用は極力少量に抑えている。揚げ物は…

カルテ開示に「マスク」はまず黒である

今日も自転車に乗っているお相撲さんを見ました。やっぱりなんだか珍しい。 今日は父たろ夫がお世話になった大学病院にまた行ってきました。カルテ開示の第2回目です。 第2回目って何?という感じですが。実は申請から受け取りまで2か月ちょっとかかった…

医療裁判なんてものは相当の覚悟がないとできないよ

たろ夫が亡くなって1年が過ぎた。医療過誤に遭う前後、様々な病院にかかっていたので、証拠づけのため様々な資料をそろえる必要があった。資料はそう簡単には手に入らない。思った以上にはるかに長い時間と労力を要した。 申請してカルテコピーを受け取るま…

続報:相撲取りがやってきた。

今日はイオンに行きました。すると、10人くらいのお相撲さんがいました!よくわからないハロウィンのイベントがあっていたみたい。 4人くらいのお相撲さんは、きれいな色の浴衣を着ていて、そのうち2人くらいは外国人っぽかったです。(関取なのかな?)…

相撲取りがやってきた。

地元に相撲取りがやってきた。・・・うそではない。私の実家周辺には毎年この時期になるとおすもうさんがやってくるのだ。九州場所が11月に福岡で行われるからだ。 以前職場の同僚には、「〇〇関と子供のころ一緒に遊んでた。」と言っていた人がいた。その関…

あっという間だった友人

友人Aさんから電話がかかってきた。Aさんとわたしの共通の友人Bさんが胆管がんだと分かったと。 AさんはBさんが手術を受けないほうが良いと思っているらしく、自分が勧めようと思っている療法について私に意見を求めてきた。 彼女が最近読んだ「がんは自宅で…

心を持った医者もいる

父たろ夫は病気が発覚するよりずっと前から「死」を病的なほどに恐れていました。これは本人への告知が当たり前になっている現代社会では受け入れにくい考え方なのかもしれません。 告知されて以来、生きている間ずっと、迫りくる「死」から必死に逃れるよう…