きんたろうの家 すい臓がんと愉快な家族のブログ

すい臓がん3年間の闘病記と、思いつくままに書きなぐる絵と文。

カルテ開示に「マスク」はまず黒である

今日も自転車に乗っているお相撲さんを見ました。やっぱりなんだか珍しい。 今日は父たろ夫がお世話になった大学病院にまた行ってきました。カルテ開示の第2回目です。 第2回目って何?という感じですが。実は申請から受け取りまで2か月ちょっとかかった…

医療裁判なんてものは相当の覚悟がないとできないよ

たろ夫が亡くなって1年が過ぎた。医療過誤に遭う前後、様々な病院にかかっていたので、証拠づけのため様々な資料をそろえる必要があった。資料はそう簡単には手に入らない。思った以上にはるかに長い時間と労力を要した。 申請してカルテコピーを受け取るま…

続報:相撲取りがやってきた。

今日はイオンに行きました。すると、10人くらいのお相撲さんがいました!よくわからないハロウィンのイベントがあっていたみたい。 4人くらいのお相撲さんは、きれいな色の浴衣を着ていて、そのうち2人くらいは外国人っぽかったです。(関取なのかな?)…

相撲取りがやってきた。

地元に相撲取りがやってきた。・・・うそではない。私の実家周辺には毎年この時期になるとおすもうさんがやってくるのだ。九州場所が11月に福岡で行われるからだ。 以前職場の同僚には、「〇〇関と子供のころ一緒に遊んでた。」と言っていた人がいた。その関…

あっという間だった友人

友人Aさんから電話がかかってきた。Aさんとわたしの共通の友人Bさんが胆管がんだと分かったと。 AさんはBさんが手術を受けないほうが良いと思っているらしく、自分が勧めようと思っている療法について私に意見を求めてきた。 彼女が最近読んだ「がんは自宅で…

心を持った医者もいる

父たろ夫は病気が発覚するよりずっと前から「死」を病的なほどに恐れていました。これは本人への告知が当たり前になっている現代社会では受け入れにくい考え方なのかもしれません。 告知されて以来、生きている間ずっと、迫りくる「死」から必死に逃れるよう…

パンドラの箱を開けました。覆水盆に返らず。後悔先に立たず。

タイトルの通り、9月24日、パンドラの箱を開けてしまいました。カルテ開示申請から受け取りまでに2か月以上待ちました。おそ~い。 この病院を訴えようとしているわけではないので、「証拠保全」という法的手続きは取らず、個人でカルテ開示を行ったわけで…

夫婦して「金返せ!」と交渉する

まずは私から。金返せと要求した相手はフリー〇ル。 ちょっと前にケータイの機種変更をしたので、SIMカードを変更する必要が出てきました。「micro-SIM」から「nano‐SIM」にサイズ変更です。 自分でカッターを買ってサイズを変更させてしまう方法も安く上げ…

地方の病院は20年遅れている

そもそも「標準治療」というのは、日本全国どこでも同じ基準で医療を受けられるようにするのが目的だったのではないでしょうか。 しかし実際、本当にそれがなされているかというと、そうでもないと感じることが多くあります。 私は福岡県で生まれ育ちました…

「だまされたと思って飲んでみて」などと勧めてはいけない。

お久しぶりです。生きています。 さて、わたしの新婚当初、ダーリン母の実家に行ったとき、農園をやっている親戚から栗を段ボール箱いっぱいいただきました。 「こんなにたくさん、どうしようかしら~」と口に出して考えている姑に、新ヨメのわたくしは、「…