きんたろうの家 すい臓がんのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年10か月目突入。

役に立つプチ医療情報

すい臓がんのダブリングタイム

ダブリングタイムとは、10個のがん細胞が20個になるのに、つまり2倍になるのに、どのくらいの期間がかかるか、と言うもの。 乳がんの場合、ダブリングタイムは約100日で、1cmのがんは3か月後に直径1.26cmのがんになります。(1cmが2cmになるわけではありませ…

「丸山ワクチンの働きがほぼ明らかに 日本医大の高橋秀実教授が発表」

丸山ワクチンは、インチキではない! 丸山ワクチンの働きがほぼ明らかに 日本医大の高橋秀実教授が発表 : J-CASTニュース 数年前から樹状細胞に関する新発見が相次いだ。がん細胞は反撃として液性因子を出して樹状細胞を不活化する。また、樹状細胞を活性化…

転移がんの勉強

がん転移には4つの種類がある。 1血行性転移 2リンパ行性転移 3播種性転移 4浸潤 たろ夫は2と4は確実。その他、血栓があるので血行性と言う点でどうなのか、分からない。播種性…腹膜播種ではないと思うけど、肺に関してははっきりわからない。 しかし…

この情報は悲しくて泣いた:肺がんの凍結

肺転移について調べていると、転移性肺がんで 、2cm以下くらいであれば、切除手術せず「凍結治療」させるという新しい手技を行っている病院が、日本に2か所あるようです。 慶応大学病院と、亀田クリニックです。この治療が受けられる条件は、両院で多少の違…

緩和になってからの様々な苦しさを取り除く方法

タイトルの通り、『ステージの進んだガンの治療で、「もう後がなくなりましたので緩和病棟へ移ってください」といわれる場合でも、簡単な外科手術を施すことで、末期と思われた患者さんでもQOLを驚くほど改善させることもできます。』 (前回ちらりとご紹介…

スクープ!中村祐輔先生のオンコアンコアンチゲンペプチドワクチン間もなく日本で!

こんばんは。今回は臨時号です。 世界的ながん研究の権威、中村先生が日本にもうすぐ帰って来られるそうですが。 遅ればせながら、ペプチドとはなんじゃら、オンコロアンチゲン、中村先生はネオアンチゲン?!などと勉強していましたら、なんだかすごいもの…