きんたろうの家 すい臓がんのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年11か月目突入。

治療法・食事療法

ブーメラン

たろ夫、引き続き体調絶好調です。「天ぷらとか油っこいものはやめてね!またひっくり返るよ。甘~いお菓子もやめた方がいいよ!」と、あまり調子に乗らないようにくぎを刺しています。 最近書きました、「面白いもの(療法)」について、勉強していると、あ…

ひっそりと

超真面目に始めたこのブログですが、副作用のない抗がん剤P-THPをいち早く紹介してしまったばっかりに、超ど素人のハゲジイジに「いい加減なこと書くな!」と自分で確かめもせずケチをつけられ、 超真面目に紹介した「紅豆杉」ですが、「中国から個人輸入」…

悟りを開いたか、免疫丸山ワクチンを受けたいと言い出したたろ夫

「最近毎日、『神様、仏様、ご先祖様、守護神様、今日も自分や家族が無事でありますように』と祈っている。」というたろ夫。 とにかく無神論を通り越して宗教はアヘンだと考えているような人だったのに、人は生命の危機に瀕すると、こうも変わるのかと感慨深…

丸山ワクチン そんな歴史が。

1月9日に放送された丸山ワクチンの特番のダイジェストです。 www.ntv.co.jp 複雑な気持ちで,言葉で表現するのに時間がかかります。 お読みいただき,御参考にしていただければと思います。 追記:丸山ワクチンが「抗がん剤」ではなく、「制がん剤」と呼ばれ…

今回は真剣にお願いします。ハイパーサーミアとは何か、どれほど有効か、なぜそれほど普及していないか。

今回のテーマ、ハイパーサーミアは、保険が効き、副作用が非常に少なく、抗がん剤との併用が効き、抗がん剤の量もより少なく済む、素晴らしいものであることを、心を込めて皆様にお伝えしたい! 日頃から、くだらない記事で注目を浴び、真面目に書いたら読ん…

ギャーッ、高すぎるトモセラピーの自由診療

「トモセラピー 費用」という2つの語句で検索すると、数番目に出てきたクリニックのトモセラピー治療の料金表です。 自由診療 費用 備考 初診・初回相談料 ¥32,400 がん相談は医師が行います 再診料 ¥10,800 2回目以降の相談料 トモセラピー治…

たろ夫が長生きしている理由 4つ

余命1年宣告から1年と11か月が経過しました。 すい臓がんのブログを書いていらっしゃる方の中には、2~5年くらい生存していらっしゃる方も少なくないとお見受けしておりますが、それらの方々は、やはりいろいろと勉強されて、努力しておられるからこそ…

紅豆杉(コウトウスギ) の効能 その3 説明書

先日紅豆杉は糖尿病にも良いらしいと言うことを書きました。 たろ夫が飲んでいるのは、中国から個人輸入した、本物の乾燥した紅豆杉の樹皮を煎じたものです。 (「紅豆杉の効能 その1,その2」をご覧ください) これを飲み始めるときに、説明書をFAXしてもら…

紅豆杉(コウトウスギ)の効能 その2

たろ夫は、メインの標準治療に加えて、民間治療として、コーケントー光線治療と、紅豆杉をやっています。第1治療中は、紅豆杉がアブラキサンと同じ成分である故、過剰摂取になってはいけないと思い、休薬の第4週の時に飲んでいました。 我が家の紅豆杉は、市…

紅豆杉(コウトウスギ)の効能 その1

コウトウスギというのは、紅豆杉と書きますが杉ではなく、イチイ科という植物に属します。現在のタキサン系の抗がん剤パクリタキセル、アブラキサン(ナブパクリタキセル)などの有効成分でもあります。 たろ夫もアブラキサンは経験済みなので、それではもう…

検討した治療法:フュージョン細胞療法

読者の方々、本当に感謝です。P-THPはインチキじゃないと思う!何でもいいから助かって欲しいんだ!と書きましたら、応援のメッセージとともに、自分はこんなのに興味がある、と何人もの方に教えていただきました。 第5世代フュージョン細胞療法・・・第4世代…

迷える子羊に助けの手が

頭ぐちゃぐちゃだと書きましたら、とても有益な情報を読者の方々にいただきました。 公開しないでくださいと書いてあることもけっこうあり、基本的にはいただいたお便りは公開していませんが、たぶん皆さんにもきっと参考にしていただけると思いますので、内…

最近は頭がぐちゃぐちゃ

今度の月曜日、2月20日は3週間ぶりの抗がん剤の日。おそらくその後、CT検査があります。 医療業界では常識のようですが、造影剤って、人体に大変悪影響がありますよね。 たろ夫も前回、CVポート(抗がん剤FOLFIRINOXを投与する人工の入り口)から造影剤を投入…

検討した代替療法:世界が注目のオプジーボ

ここ数ヶ月ぐらいでやっと「オプジーボ」のことを認識した私はたぶんすごく遅れている。 世間はとっくに知っていたのだ、と改めて自分ののんびり加減にがっくり。 オプジーボ。皮膚ガンや肺ガンなど、限定的に保険適用になっている夢の抗がん剤。森元首相も…

検討した代替療法:高濃度ビタミンC療法

これは2005年にアメリカの研究者たちが共同開発したもので、アメリカやカナダではすでにかなり普及しているものです。 ビタミンCの効能については、ノーベル賞受賞者、ボーリング博士が1970年代から提唱していました。 高濃度ビタミンC療法は、がん細…

検討した治療法:気功・・・からの宇宙論

たろ夫のガンがまだわかったばかりの頃、動揺のあまり、何か本を読まなくちゃ、と書店でガンの本を買ってみたら、その内容が、気功でした。 肝臓ガン末期で、余命3ヶ月と言われたお医者さんが治った、と言う実話。 気功は科学だと言い切っています。脳波とか…

検討した免疫治療:丸山ワクチン

「丸山ワクチンだって、昔っからノーベル賞候補、ノーベル賞候補と言われて結局ノーベル賞とってないじゃないか!」 たろ夫が言い放った言葉でした。 P-THPという副作用のない抗がん剤は、受けてみる価値があると思う、まだ未承認だけど、これこれで、本当にノ…

検討したNK細胞療法について

たろ夫が、今やっている第2治療に耐性がついたときは、もしかしたら免疫療法をやるかもしれないので、今まで検討したNK細胞療法について復習。 (NK細胞療法を行っている医院は全国たくさんあり、種類も方法も様々ですので、あくまでも、私が入手したパンフレット…

現在までの体調と副作用のまとめ 12月~1月前半

昨日退院して、早速コーラを飲み、酢豚と小エビの天ぷらを食べたたろ夫。 また下痢が始まったら、ブログ的には面白いのですが、残念ながら(?)今のところ下痢はしていません。 昨日ちょっとたろ夫の悪口を書いたら早速また「弁護士事務所」の広告が。コン…

病院の「常食」と「膵炎食」

管理栄養士の先生からいただいた献立がとても参考になったので、書きます。 本当は、献立の写真をアップしてそのままご参考にしていただきたいところなのですが、それだと病院が特定されて、よくないのかもしれないと思い、大切だと思う点を書き記すことにい…

かなりよい結果!

今日は抗がん剤第2治療mFORFILINOX第9回目の投与でした。 抗がん剤の日は朝8時に家を出発し、夕方5時頃帰宅します。抗がん剤投与を受けるのはたろ夫であるとはいえ、私も結構疲れます。 が、今日はテンション高いです!主治医の先生もにこにこ顔で、「たろ夫さ…

ニンニク兵器

黒ニンニクを食べ始めて4ヶ月くらいになります。 理由は、がんに効くとされる食品の中でも常にナンバーワンだからです。 食べているからといって体内でどんな効果があるかは証明できません。 しかし、我が家では、ニンニクは細菌兵器と同じくらい強力で恐ろ…

強アルカリ水のエビデンス

食品の農薬を取り除いてくれると言うことを聞いて、この1年ぐらい使っている“ホタテパウダー”、略して“ホタパ”。 化学物質は一切使っていない、ホタテの貝殻の粉で、除菌、消臭効果があります。 この粉小さじ1杯を2リットルくらいの水に入れます。 その中に…

エビデンスって言うけど

誰だって信用できる治療法を求めています。その病気が命に関わるならなおさらです。 その点で確かに「エビデンス」は大切です。でも、今かかっている病院の主治医は、一切の民間治療を否定されます。 「エビデンスがない」「データがない」と。 最初は反発す…

還元水 エビデンスはおなら

私は飲み水に関して、それほど関心がなかったので、これまではダスキンの浄水器や、ブリタの浄水器を使っていました。 塩素とトリハロメタン(発がん性物質)が取り除ければ、まあ、いいでしょう、と言うくらいの関心事でした。中空糸やなんちゃらも、どの浄…

「副作用のない抗がん剤」の本について 追記

たろ夫がすい臓がんになってから1年、私もすい臓がん患者の皆様から経験談を知ることができ、たくさん参考にさせていただきました。 本当にありがとうございます。 これまでがん治療について無知でしたので、今回この本を読んで、純粋にすごい!と思い、その…

必見!『がん治療革命「副作用のない抗がん剤」の誕生』

がん治療革命 「副作用のない抗がん剤」の誕生 作者: 奥野修司 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/11/09 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 最新刊『がん治療革命「副作用のない抗がん剤」の誕生』 奥野 修司 著 2016…

治療方法 コーケントー光線治療器は効く

この治療器との出会いは26,7年前のこと。私にとってはなじみ深いのですが、世間にどのくらい周知されているのかよくわかりません。この治療器は80年の歴史があるそうです。 私がこれを使うようになったのは、25年くらい前、30代後半で、ひどい腰痛があ…

治療法 死にかけた玄米食

主人が癌宣告された直後で動揺していた頃、私の友人が「玄米食療法」を教えてくれました。玄米は「完全食」だから、玄米だけ食べてれば癌は治ると。 その友達のご主人が、あるとき胃の調子が悪くて血液検査をしてもらったそうです。 その時に、癌腫瘍マーカ…

この一年、やってみた民間治療法

主人は大学病院にかかっています。 最初は外科の先生に見ていただき、手術不能と言うことで、院内の内科の先生を紹介していただき、抗がん剤治療が始まりました。 身近な親戚にがん患者がいなかったこともあり、どうしたらいいのか、どの治療方法がベストな…