きんたろうの家 すい臓がんのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年11か月目突入。

今度は下痢…アレルギー反応、副作用か

今週月曜日に丸ワク先生からまた牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)を処方していただいた時に、これまでは昼食後に一包だったものが、昼と夜の二包に増えました。

 

2月27日火曜日は小旅行に行き体力的に無理をし、同時にこの日から牛車腎気丸を一日2包飲み始めました。

 

2月28日水曜日は午前中、本当は前日の旅行のせいでへとへとなのに、自分は元気だと示したいばかりにJA直売所に行ったり、もう一つ小用をこなしましたが、そのほかの時間はずっとぐったり寝ていました。この日も牛車腎気丸を一日2包飲みました。

 

3月1日木曜日の午後に下痢をして、本人にとってはとても久しぶりの下痢でしたので「なぜだろう」と考え、「牛車腎気丸を増やしたせいだ。」と結論付け、夜に飲むのをやめました。

 

それから、最近の記事に書きましたように、たろ夫も昔、花粉症を患いましたが、ニンニクを毎日多量に食べて克服できていました。でも、3月1日は朝から両目が真っ赤でした。

 

本人は、「畑仕事をしたから、風が強くて砂が目に入っただけだ」と言いますが、畑をする前から目が赤かったです。(畑仕事と言っても、草が生えないように土地にカバーをしただけです。)アレルギー反応ではないだろうかと思います。

 

 

牛車腎気丸の副作用を調べてみました。

 

食べ物でもアレルギーがあるように、生薬にもアレルギーがあります。アレルギーはどんな生薬にでも起こりえるもので、体質に合わないとアレルギー反応 が生じることがあります。鼻炎や咳といった上気道症状や薬疹や口内炎といった皮膚症状、下痢などの消化器症状などが見られることがあります。飲み始めに明らかにアレルギー症状が出ていたら、服用を中止してください。

 

はっきり言って、たろ夫の体は抗がん剤で侵されてしまっているので、ちょっとした変化にも敏感に反応することは、「天ぷらと豚カツ食べて下痢・嘔吐、入院事件」でも実証済みです。

 

今回の原因を分析しますと、

 

①ドライブ旅行に行き、へとへとに疲れて体力消耗、免疫力低下。

②そこに牛車腎気丸を2包に増やしたことで下痢、アレルギーが出た。

 

と考えますが、なにしろど素人ですので正解はわかりません。

 

もうちょっと様子を観察してみます。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。 

他の方の経験もとても参考になりますよ。 

↓ぜひ行ってみてください。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ