きんたろうの家 すい臓がんのブログ

すい臓がん、今、2年9か月目のところ。

残念なお知らせ

たろ夫がすい臓がんになり2年6か月目に入りました。抗がん剤治療のみで、標準治療が終わってもなお元気に生きているということで、そもそもの生存を疑っていらっしゃる方もおられたかもしれません。

 

しかし、たろ夫は実在しております。本当に存在しているからこそ、やはりこの存在を知った方々が皆さん驚かれ、どんな治療をしているのか、興味を示してこられました。

 

丸山ワクチンを始めて2か月弱ですが、なんと、この注射を打ってくれていたオバサン看護師が、たろ夫のことを、わたしたちが住んでいるのと同じ地区に住む患者にしゃべってしまったという、医療従事者として絶対やってはいけないことをやらかしてくれました。

 

こちらの名前や病気や治療法は勝手に相手に教えて、その「紅豆杉」はどこで買えるのか、とか、光線治療器はどこで買えるのか、などと聞いてきました。挙句の果てに、たろ夫がその相手の名前を聞いてもそちらの名前は教えない、と言う、と~っても気分の悪いことが発生しました。

 

このおしゃべりオバサンはさらにまた、ものすご~く失礼なことも言ってきたり聞いてきたりしましたが、ここには書かないでおきます。

 

田舎はこれだからな。嫌になっちゃう。

 

そういうわけで、実況中継はこれにて終了いたします。

 

いつ、どんな形でたろ夫本人の耳に入ってしまうかわからないからです。

 

本人がこのブログを知ってしまい、傷つけてしまうことが一番怖いです。

 

 

まさか、こんなに長生きしてくれるとは思わなかった…。おっちょこちょいのわたしが悪うございました。

 

 

応援してくださっていた皆さま、申し訳ありません。いつか、帰ってきます。

 

それまでごきげんよう!

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。 

他の方の経験もとても参考になりますよ。 

↓ぜひ行ってみてください。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ