きんたろうの家 すい臓がんのブログ

すい臓がん余命1年宣告から2年8か月目突入。

すい臓がんのダブリングタイム

ダブリングタイムとは、10個のがん細胞が20個になるのに、つまり2倍になるのに、どのくらいの期間がかかるか、と言うもの。

 

乳がんの場合、ダブリングタイムは約100日で、1cmのがんは3か月後に直径1.26cmのがんになります。(1cmが2cmになるわけではありません。体積が2倍です)

1つの乳がん細胞が1cmの腫瘍になるのには8年ほどかかります。(個体の状態により差異はあります)

 

では、すい臓がんは、『進行が速い』ですが、一体どれほど速いのでしょうか。

 

すい臓がんのダブリングタイムは、3週間ほどです。乳がんの約5倍のスピードです。

 

この恐ろしく速いすい臓がんの進行を、たろ夫の場合でざっくり予測計算してみました。V=4/3πrの3乗という、球体の体積を求める公式を用いて、電卓を使ってやりました!

 

2015年10月27日CT検査をした日の、直径3.5cmの腫瘍を基準とします。

 

予測計算(タラレバ計算…)

2015年9月15日  体積 1.775π    径 2.1cm

2015年10月6日  体積 3.55π     径2.78cm

2015年10月27日  体積 7.1π       径3.5cm

2015年11月17日 体積 14.2π    径4.4cm

 

日付が複雑でわかりづらいので、ざっくり置き換えると、

6月1日   径2.1cm

6月22日 径2.78cm

7月13日 径3.5cm

8月3日   径4.4cm

 

といった具合です。たった2か月で、

2センチの腫瘍が4.4センチに!!!

(注:個人差があります)

 

たろ夫の場合は、1か月半前の検査で見つかっていれば、径2.1cm、恐らく手術ができていたでしょう。

 

もうそれは仕方がないとしても、がんが判明して、抗がん剤投与開始まで3週間かかったので、直径3.5センチのすい臓がんが、4.4センチまで大きくなっていたであろうというところが、なんとかならなかったのかな~。

 

多分、多くの皆様も同じだと思いますが、「膵臓がん」という、全く予期しなかった癌を突き付けられ、すい臓がんとはどんながんなのかと言うことから勉強し、手術の可能性についてあきらめずに模索したり、抗がん剤をどうするか話し合ったり、セカンドオピニオンを聞きに行ったりしているうちに、あっという間に3週間なんて経ってしまうんですよね。

 

どうすりゃいいの。

 

早期発見が大事だという結論になりますね。(魂をえぐられますわ)

 

「最近痩せたけど、ダイエットをしたからだろう」、とか、

「最近背中が痛いけど、このまえ孫を抱っこしたからだろう」、とか、

人間、どこか体に異変があった場合、自分なりに理由づけしてしまいます。

 

 

そうやっているうちにだんだんひどくなって、大病院に紹介状を持って行った時にはもう「大変深刻な状態」になってしまっているので、やっぱり一歩手前の病院選びを慎重にするしかないでしょうね。

 

ヤブ医者には気をつけよう!

 

タケノコ医者にも気をつけよう!

 

裏ワザとしては、病状を、大げさに言う!!痛い、痛い!って言う!

 

検査してくれないような医者には食い下がって検査をお願いする!

 

 

何かのお役に立てれば幸いです…

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。 

他の方の経験もとても参考になりますよ。 

↓ぜひ行ってみてください。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ