きんたろうの家 すい臓がんのブログ

すい臓がん、2年11か月目。ラストスパートに入った。

すい臓がん 2年10か月目に突入

8月になりました。蝉が、うるさいです。(田舎~)

 

たろ夫、「どこも痛くない」と喜んでいます。

 

わたしも、「多分、亡くなる寸前まで痛くないタイプなんでしょうね、良かったね。」と話しています。(結構そういう方の闘病記も見かけますのでね。)

 

たろ夫もニカニカと笑い、うん、うん。と。

 

色々な症状が出ているので、インターネットでそれについて検索していると、意外にも自分の書いた以前の記事がそこそこ出てきます。

 

「わたしのブログでは参考にならん!(素人ブログだから)」とは思いながら、一応読み返してみると、意外に「予習」しているのでとても参考になったりしています。

 

今まで「予習」してきたことが、「テストにでた」と言う感じです。

 

 

 

ちょっと話がずれますが、これまでの「予習」で、一番すごかったな~と思っているのは、主治医との5番勝負(勝手に勝負と呼んでいますが正確には診察です)にて、標準治療が終わった後提示された抗がん剤が、分子標的薬タルセバだったことです。

 

素人なのに、当たった。(半分まぐれ)でも、すごいよね~すごかったわ~と、自分で感心しています。(自己肯定感すごい)

 

 

7月は、タルセバとは関係ない「予習」が、「テストに出て」とても忙しくしていました。ふがぁ~~ひょえ~~

 

 

と言うことで、がんばります!あ、頑張らないように、頑張ります!

 

 

よろしければクリックをお願いします。他の方の闘病ブログをご覧になれます。