きんたろうの家 すい臓がんのブログ

すい臓がん、2年11か月目。ラストスパートに入った。

ラストステージ3か月目 ④ 5週間ぶりの抗がん剤FOLFOX、3回目

昨日、プサンから帰ってきて、今日6月20日は朝一番に抗がん剤です。母きんたろう曰く、「今回の旅行は他の人が計画したから、遅めに出発して早めに帰ってきたからよかった。」と言うことで、2泊3日、無事帰ってきてからのことでした。

 

父たろ夫が旅行の計画をすると、少しでも安くいこうとし、そして少しでも長くいようとするため、朝一番の飛行機で出発し、夜おそ~くなる飛行機で帰ってくるという強行軍になります。

 

わざわざ自分で自分の首を絞めるので、わたしたろ娘も母きんたろうもうんざり、いい加減にしてくれ!と言う感じなのですが、今回はたろ夫の友人の計画でしたので、無理のないスケジュールでした。そうです、本来、それが普通です。10代の若者じゃないんですから。

 

とにかく今回は、抗がん剤投与は待ったなしでした。本来12日に予定していたものを、8日間延ばしてもらっていました。12日の血液検査結果に基づいて、今回はいきなり抗がん剤投与でした。

 

ですので、打てたことは打てましたが、体力は如実に落ちてきています。

 

以前なら、抗がん剤を打った日から3日目くらいまでは、まだ、結構起きていましたが、今日抗がん剤当日で、夕方5~6時ごろ家に寄ってみましたが、声をかけても返事もなく、ベッドでぐったり寝ていました。

(抗がん剤の種類によっても副作用のひどい時期は違いますが。)

 

もう、だんだんと体力がなくなって、抗がん剤が打てなくなっていくのでしょう。

 

残念だったのは、主治医が腫瘍マーカー検査をしてくれなかったこと。前回は5月28日に抗がん剤&腫瘍マーカー検査でして、6月は1度も腫瘍マーカー検査はありませんでした。抗がん剤投与は今日が5週間ぶりでした。

 

腫瘍マーカー、こちらはとても気になるのですが、先生は抗がん剤の効果を見るための参考資料としかご覧になっていないようです。今までも、一か月以上空いていても、抗がん剤を打っていないときは検査してくれていませんでした。

 

一か月に1回なら保険が効くのだから、検査してくれてもいいと思うんですが~。

 

 

 

よろしければクリックをお願いします。他の方の闘病ブログをご覧になれます。