きんたろうの家 すい臓がんのブログ

すい臓がん、3年間の闘病記と、がんの見落としより悪質な事件。。

ラストステージ6か月目(6)ほったらかされて混乱。ちょっと、流れを整理。

今回息ができなくなってどうしようもなくなって救急でかかりつけ病院にかかったたろ夫でしたが、そもそもの話、こんなになる前、50日前に胸水がCT検査で指摘されていたのに、主治医が注視していなかったのって、こんなものなのでしょうか?

 

本人も家族も、胸水が肺を圧迫していたとはつゆ知らず、気がついたら胸水は5リットル以上になっていました。右肺は胸水で、レントゲン画像が真っ白で、心臓が左側に押しやられていて、左の肺も押しやられてせま苦しそうにしていました。

 

35日分のお薬処方されて、9月19日に次の外来受診の予定になっていました。

 

ガン難民って、みんなこんな感じなんでしょうか?

 

 

今日も、1.4リットル、一日の最大限の胸水を排液していました。昨日の時点では、胸水、止まったのかなと思ったのですが、よく見てみると、日付や時間がマジックペンで記してあり、一定時間が来たら、人工的に抜いているようです。まだまだ出ていますが、一番初めのように勝手にドバ~ッと流れ出してはいません。

 

入院してから5日目になりますが、ちょうど5リットルくらい抜いたことになります。

 

トルーソー症候群で記憶が不確かなたろ夫の話はいまいち信用できないのですが、近々胸膜癒着術をするそうです。それから、大体20日ごろ退院の予定だ、と。それまでに歩くリハビリをしましょう、と。

 

あと10日あります。ドレーンの差し込み口以外はどこも身体は痛くないけど、目がちらちらすると言っています。

 

今日の昼ごはんは完食でき、そろそろ高カロリー輸液の点滴を外すのだそうです。食欲が増したのはとても良いことですが、果たして順調に回復するのでしょうか。

 

歌丸さんと同じ鼻チューブの酸素吸入は今も続いています。

 

 

 

 

尿は、自分で尿瓶に入れられるようになったのですが、それでもベッドわきに座って行っており、自由に立って歩いたりは出来ません。ドレーンと、排液タンクが繋がっているからです。

 

そうすると、どんどん体力も落ちてしまうため、ちょっとブドウを食べて、ちょっと歯を磨いただけでハァハァと息切れしていました。う~ん。大丈夫かな。

 

右肺の胸水だけの問題ではなく、トルーソー症候群もあり、無呼吸症候群もあるので、先が読めません。

 

ステロイドは血を固めるから、やっぱりトルーソー症候群にはよくないみたい。目がちらちらすると言っているのも、関係あると思いますが、ステロイド止めたらじゃあ胸水はどうするんだって話になるし。

 

しかし、まだ新聞を読む気力はありますし、食欲もまずまずありますし。

 

ここから先は、あまりよくわからないゾーンに突入した、という感じです。早いかもしれないし、短いかもしれない。

 

一日一日を大切に生きていきたいと思います。 

f:id:suizougan:20181218225615j:plain

 9月10日です。血の色が、少し薄くなりました。

よろしければクリックをお願いします。https、背景画像を取ったらとうとう有効になりました!ありがとう!