きんたろうの家 すい臓がんのブログ

すい臓がん、3年間の闘病記と、がんの見落としより悪質な事件。。

終末期あと1か月 「たろ夫の日常」最後の日

昨日、10月7日(日)に様子を見に行ってみたら、ベッドに座っていました。わたしがインターホンを鳴らしてやってきたから、起き上がったんだろうと思います。

 

ほぼ毎日顔を見ているので、はっきりとはわかりませんが、頬がさらに少し、こけているように見えました。

 

10月8日月曜日は電話で話しただけですが、市場もどきと、JA直売所にも行ったようです。合計で50メートルくらい、歩いたんじゃないかな。酸素ボンベ&杖をついてですが。(運転は母きんたろうです)

 

もはや、「元気」って、何をもって言うのかわかりませんが、とりあえず、生きて、動けているようであるので元気だということにします。

 

昨日わたしが訪問した時、咳をしていました。(以前は咳は全くありませんでした。)

 

少しずつ悪くなっていっているのでしょうが、本人としては、とにかく動ける間は、日常の事柄を今まで通り行いたいようです。歩ける限りは死ぬ気で歩くぞ、と言う感じです。

 

それで、母きんたろうが引っ張りまわされて、「倒れそう」と言っています。

 

わたしに言ってくれれば、いつでも運転くらいするんですけどね・・・。

 

年中「倒れそう」な母ですが、母と娘との間にはいまだ、心の冷戦が続いており、9月は父たろ夫が入院したため、一時休戦していただけであり、火種は常にくすぶっています。

 

もう言いますまい。

 

 

 

 

 

わたしもとても疲れているんですよ。がんにならないか、多少心配です。

 

すい臓がんの父を持ち、母の兄(叔父)が胆管がんで60歳で亡くなった家系を持つわたしはどうなんだろう。

 

体質は、多分父たろ夫に似ています。性格は、たろ夫ほどではありませんが、まあまあ積極的な方だと思います。

 

父はテニスをして足首を骨折しましたが、わたしはアイススケートで転んで手をついて手首を骨折したことがあります。

 

骨や歯の質とか、血液型はたろ夫と同じです。

 

それからわたしには、良性のかたまりが体にたくさんあります。すごいでっかい良性の腫瘍を摘出したこともあります。(記念写真、み、見たいですか?ご希望があれば載せますが…。けっこう半端ないですよ。)

 

でも、ピロリ菌はいないし、とてもきれいな胃だから、胃がんにはならなさそうです。

 

まあ、とにかく死ぬときは、痛くない、苦しくない、それだけ望みます。

 

ア、話は飛びますが、1年ぶりに乳がん検診に行きました。評判の良い病院に行って、前回との比較(症状を書いてもらった紙を見せた)をしましたが、変化ありませんでした。ご報告いたします!

 

 

今回はちょっと話がずれましたが・・・「たろ夫の日常」は、この日で終わりでした。 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村                             すい臓がんランキング

↑左がにほんブログ村、右が人気ブログランキングです!よろしくお願いします!