きんたろうの家 すい臓がんと愉快な家族のブログ

すい臓がん3年間の闘病記と、思いつくままに書きなぐる絵と文。

最後の入院 最後の入浴(11日目後半)

10月19日(金)10:00

朝から晩までジ~ッとベッドの上で寝たり起きたりしているのも何なので、気分転換に車いすに乗ってちょっとお散歩に行くことを提案したら、たろ夫も行く気になりました。

 

「車いすを貸していただけませんか。」と看護師さんにお願いすると、快く酸素ボンベなど手際よく準備してくださいました。

 

準備ができてさあ出発、という時に、父たろ夫、「今日はお風呂に入れないんですかね。」と看護師さんに声かけ。

 

ぎくぅっ。…呼吸器外科病棟に入院していた時はなぜか入浴介助をさせられて、びしょびしょになり、へとへとになったことがあったので、まさかまた…と焦りました。

 

取り敢えず、車いすで気分転換のお散歩、その後、本来14時から16時が入浴時間になっていたそうなのですが、急遽たろ夫のためにお風呂を準備して下さることになり、お散歩から帰ってきたら入浴、ということになりました。

 

短い時間の病院探索(売店で新聞とプリンを購入)をし、帰ってきて1050分から入浴です。

f:id:suizougan:20190124093243j:plain


 

まさかまた入浴介助を押し付けられるのではなかろうかと不安を感じていましたが、若くてさわやかでしっかりした感じの看護師さんがてきぱきと全部やってくださいました。

 

白いゴム長靴をはき、給食のおばさんのような大きなゴムエプロンをつけて完全防備でなさっていました。

 

やっぱりびしょびしょになるよね。そうよね、と、今頃になって、呼吸器外科のあの看護師、わたしに押し付けてひどい、と恨みに思いました。

 

それはいいとして、たろ夫はもう歩けない患者なので、車いすに乗り、酸素ボンベ付き、プラス、点滴付きです。よく入浴できるものです。

 

看護師さんが、たろ夫を、浴室のあちこちにある手すりをつかむように上手に手引きしてくれながら、椅子に座らせ、頭や体を洗ってくれて、湯船につかったのは(ほぼ半身だけでしたが)ほんの12分でした。

 

これがよかったのか悪かったのか、すごく体力を消耗して、昼1105分から、ぐっすり寝ました。

 

 

 

 

 

 

12:00 お昼ご飯はおかゆを2さじ、プリン二口でした。栄養点滴がまた追加されました。一日1000cc、ソルデム3Aです。

 

13:00 理学療法士さんが来られました。しかしもう、体育館に行っての歩行は出来ません。

 

たった3日前まで、休み休みではありますが70メートル歩けていたのに、いきなりもう、歩けなくなっているのです。

 

体力減退のスピード、半端ないです。

 

それでも理学療法士さんは無理のない程度に、ベッドの端に座らせて、ひざから下を上に10回上げる運動をさせてくれました。

 

わたしが、「右足裏に青紫色の部分ができている。」と伝えたら、足首を動かして血流をよくしたらよい、と教えてくれました。

 

この青紫、マッサージの力が強すぎたのか、チアノーゼの一種なのか、よくわかりません。

 

筋力の衰えからか、ちょっとぶつかっただけでも、ものすごく痛がります。(わざと大げさに言っているかのようにとても痛がります。でも本当に痛いようです。)

 

そして血液サラサラにするお薬も注射していますから、うっ血しやすいです。ヘパリン皮下注射のせいで、おなかはうっ血の痕だらけです。かわいそうで、とても写真なんて撮れません。

 

 

14:15 担当医が来られましたがたろ夫は横になったまま対応。「すいません、このままで、失礼します。」と短く話をし、また寝ました。

 

意識もうろうでうわごとを言うのは、ソルデム3A栄養点滴を再開してから、回復しました。『食事10割食べてる』と言う誤情報に基づき、主治医が点滴を止めて退院させようとした結果、脱水状態になり、せん妄状態になったものと思います。

 

血圧は115前後でかなり安定しています。

 

15:00になりました。ここで母きんたろうが来て、バトンタッチ。

 

いや~、長い長い1日でした。18時間連続勤務でした。看護師さんは夜勤が週2回あるそうです。大変ですね~。お疲れ様です。

 

たろ夫、ここからはずっと寝ていたそうです。よかった。

 

3年来のお付き合いの主治医が来られてもたろ夫は全く眠ったままでした。夕食も全く食べず、1830分に目が覚め、薬を飲んだと思ったら・・・嘔吐

 

少し緑っぽくて胆汁も交じっていました。

 

汗びっしょりでシャツも着替えました。嘔吐したらそうなります。続きます。

 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村                             すい臓がんランキング

↑左がにほんブログ村、右が人気ブログランキングです!よろしくお願いします!