きんたろうの家 すい臓がんと愉快な家族のブログ

すい臓がん3年間の闘病記と、思いつくままに書きなぐる絵と文。

No.21 真夜中の侵入者

けっこう物騒なタイトルですけれども。

f:id:suizougan:20190322152317p:plain

『医事課職員は、17時から翌日12時まで、という夜勤を週〇日行わなければならない。だが同じ事務職でも、医療連携係に所属する職員には夜勤はない。』

 

カルテ開示申請書は、「医療連携係 城係長」宛に送ったし、初めから一貫してこの方としか本件に関して話をしたことがありません。(最初に受け付けてくれた女性は別として)

 

本件の領収書も、この城係長が印刷していました。

 

なぜそう断言できるかと言うと、この城係長、かなりのおっちょこちょいで、父たろ夫の名前の漢字を間違っていたからです。

 

毎回一番最後に添付している「超音波読影報告」ですが、ここに本来「たろ夫」と書かなければならないところを「太郎」とタイピングされてしまっていたため、差し替えをしなければならないということが発生しました。(あの~、仮名ですので。念のため)

 

その間違いにはわたしがすぐ気がついたので、後日またSM病院に赴いて差し替え分を受け取りましたが、のちに、本件の領収書にも同じ誤記があることに気がつきました。

 

というわけで、城係長が真夜中に病院に忍び込んだかどうかは分かりませんが、今回の真夜中の秘め事に関係していることは間違いありません。

 

わたしの推測では、2016年1月6日未明3時ごろ、日本屈指の電子カルテのベンダー企業から派遣されてきている常駐のSE(システムエンジニア)が、院長の権限を持って、   したのではないかと思っています。

 

こういうわけで、膵臓がんのブログですが、かなりミステリアス(って言うかSM病院とにかくインチキ臭いよっ!!)な展開になってきました。

 

SM病院の肩を持つつもりはありませんが、医事課の職員たち、夜勤って本当にしんどいと思いながら多くの方は真面目に頑張っていると思うんですよね。

 

急患を受け入れているので、夜中の1,2時くらいまで急患がけっこう途切れず、3時と言えば病院がやっと静かになる時なんです。

 

仮に「医事課職員」が「城係長に頼まれて」カルテの印刷をしたとしても、誰しもが仮眠を取りたい時間帯にわざわざ日常業務をするでしょうか?

 

 

「うちのおじいちゃんは朝3時半に飼い犬の散歩に行ってるから、3時は真夜中じゃない」なんていうツッコミは遠慮いたします。わたしは夜型人間や。

 

 

f:id:suizougan:20190207145709p:plain
f:id:suizougan:20190207145538p:plain

 

↓ みなさまの応援クリックで元気が出ます

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村                             すい臓がんランキング

↑左がにほんブログ村、右が人気ブログランキングです。よろしくお願いします!