きんたろうの家 すい臓がんと愉快な家族のブログ

すい臓がん3年間の闘病記と、思いつくままに書きなぐる絵と文。

失言多いよ

ブログのタイトル変えました!今回まで、まだちょっと真面目路線です。

 

「わたしは物分かりがいいから、すぐ忖度する」と言ってすぐ首になっちゃった方がいますね。お気の毒~。国土交通副大臣ですか。

 

冗談でも言ってはいけないことって、確かにあるとは思いますが…。

 

以前倖田來未さんが「35過ぎると羊水腐ってる」と発言してすごくたたかれましたね。

 

あの後お医者さんが大真面目な顔をして「30代の妊婦の羊水は腐っていません。」とテレビで解説していたことの方が、わたしにとっては滑稽でした。

 

問題は羊水が腐っているかどうかということではなく、(そんなの本人だって冗談で言ったんでしょうよ)そういう「アイドル」を作り上げてしまった現代社会だったと思うんですけどね。

 

‟エロかっこいい”ってもてはやしてたけど、わたしからすると「エロい」ことがすでにかっこよくないのですけど。セクシーポーズで異性を挑発するような人をお嫁にもらいたいと思います?

 

(う~ん、男性陣の答えは「可愛いかったら許す!」とか言いそうだなあ~)

 

でも、彼女が真面目な婦人病問題についての討論で発言したのならともかく、どうでもいいラジオトークで言ったことだし、今までまつりあげていたくせに、なんで急に炎上? と思った一件でした。

 

話は戻りますが、今回首になった(あ、桜田オリンピック大臣とはまた別の方ですよ)塚田氏の命取りになった「下関北九州道路」は、地元では“安倍・麻生道路”と言われているんです。露骨です。

 

関門橋とトンネルに続く3本目の関門ルートは必要性に乏しいと非難され、工事は凍結されていましたが、まあ、いわゆる「働きかけ」があってまた再開しようとしていたところなんですね。

 

ただね、地元民としては(わたしは九州側)、関門橋もトンネルも老朽化しているから、もう一本あったら助かるわ~、必要あるよ!と思っています。単純に。そして通行料が無料だったら最高です。

  

なぜなら現存している関門橋もトンネルも、どちらも通行料が150円かかります。橋はもう古いしたった1000mなのにお金取るの~?って感じ。関門橋の総工費は240億円(1973年)、トンネルは80億円。そして昔は橋の通行料金はもっと高かったはず。

 

しかしなんと、安倍首相の故郷山口県にある角島(つのしま)は人口700人ちょっとなのですが、角島大橋が架かっていて、これは通行無料で、本州に繋がっている橋としては日本3位の長さ、1780mなんですよ。(完成当初は日本最長でした。)

 

とてもきれいな景色のいいところで、わたしもたまたま数か月前行きました。

f:id:suizougan:20190413204542j:plain

(たろ娘、去年11月撮影)

 

 

 

角島の人はなにも悪くありません。島の人にとってはありがたいですよね。安倍さまさまだわ。通行無料!(2回強調)総工費149億円もかかってます。へぇ~ふぅん~。

 

 

それから少し話が逸れますが、数年前、プーチンさんが来て日露首脳会談が行われた時、会談の場所は東京ではなく山口県・長門市だったことに違和感を感じた方、いらっしゃいませんでした?少なくともわたしは「なんで山口?」と思いました。

 

考えたらこれも、わかるわかる。故郷に錦を飾りたいよね。(故郷へ錦を飾るとは、故郷を離れていた者が、立身出世して華やかに帰郷することのたとえ。)周りはテロや暗殺対策やらで、大変だったと思いますけど。

 

それからオバマ大統領が来日した時には、「獺祭(だっさい)」と言う山口県のお酒をプレゼントしました。まあ、当然話題になりましたよね。

 

これは「美味しんぼ」の漫画にも取り上げられたことがあって、作者も超絶賛しているとてもおいしいお酒です。世界的にもすごく評価されているようなので、お酒好きな方にとっては常識なのかもしれませんけども。

 

獺祭(だっさい) 純米大吟醸45 1800ml

獺祭(だっさい) 純米大吟醸45 1800ml

 

 

 ↑みなさま、買ってみてくださいね♥美味いものに罪はない。

 

話は飛びましたが、安倍さんご一族はこんな風に地元ではすごーく感謝されていると思いますよ~。

 

(一応お断りしておきますが、わたしは特定の人物、政治政党を支持することは致しません。)

 

以前国土交通省に勤めていた真面目な若い青年と話をしたときに、「理想の都市計画を実現させるには、一回道路に爆弾を落としてまっさらにしないと無理。」と、大真面目に語っていたのを覚えています。

 

土地の利権だの官製談合だの忖度だのと、魑魅魍魎(ちみもうりょう:いろいろな種類の妖怪や化け物。また比喩的に、表にはっきりと姿は現さないが、私利私欲のために暗躍する者のたとえ。)が跋扈(ばっこ)する世の中では 、「理想郷」はぜったい造れないのだという風に受け取りました。

 

(爆弾投下は賛成しないけど。念のため~)

 

 

結論: 気をつけよう、不注意いっしゅん事故一生。

 

  にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村                             すい臓がんランキング