きんたろうの家 医療過誤★すい臓がんのブログ

  すい臓がん3年間の闘病記と、医療過誤・・・

たろ夫が遭った医療過誤 第2回

 日 時

経 過 説 明

2015年9月3日

 

 

 

9月7日 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月22日   

 

 

10月26日

 

 

10月27日

 

 

10月29日

 

 

 

たろ夫(当時67歳)が福岡のSM病院《中規模病院》に掛かる 

消化器内科魚手(うおて)医師の診察 エコー検査指示「検査目的:膵癌の疑い」,胃カメラ指示

(胃薬PPI,5日分処方)

 

エコー検査,胃カメラ検査実施。魚手医師は「エコーは異状なし,胃炎です」と説明。ウレアーゼ陰性であったにも関わらずピロリ菌除菌の治療方針を決定。処方薬なし。

この時,背中から胃にかけての痛みを訴え,たろ夫は「がんじゃありませんか」と3回尋ねるも,医師はムキになっていやな顔をして(しつこい,という感じで)「がんは,ありません!」と断言。

 

10日後に血液検査でピロリ菌確認。それから除菌開始,35日間診察せず,漫然とピロリ菌除菌検査結果を待った。

 

呼気で除菌確認。まだ胃が痛むと訴えたところ,H2ブロッカー2週間分処方。

 

G胃腸内科クリニックに掛かる。超音波検査実施「膵臓が腫れている。どこでも紹介状書きますよ」希望した大学病院へ。

 

翌日大学病院に掛かる。 エコー,CT検査も外科医が当日ねじ込んでくれて実施。

 

CT検査結果 膵体部に径3.5cm大の腫瘍。

〔診断〕局所進行すい臓がんステージⅣa T4N0-1(動脈浸潤あり,近傍のリンパ節に転移あり)治療方針:抗がん剤治療(「余命一年」) 

 

 

どれか押していただくとブログを書くやる気が高まります

 にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へにほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ