きんたろうの家 医療過誤★すい臓がんのブログ

  すい臓がん3年間の闘病記と、医療過誤・・・

弁護士探し その5

弁護士探しもいい加減疲れてきました。毎回毎回相談前に個人情報を入力し、いきさつなどを書かなければなりません。時間もお金もかかります。「経過説明」を保存して同じ内容をコピペすることはできませんでした。簡潔に説明しようとする中で、問題とする点や取捨選択する事柄が少しずつ変わっていったからです。

 

10件目、かなりいけそうな方を見つけました。外科医としての臨床経験を持ち、医療過誤を扱っている弁護士を見つけたのです!京都でした。

 

今までどうして見つけられなかったのかしらと思ったら、まだ独立して個人事務所を設立して2年も経っていない方でしたので、以前探したときにはその事務所が存在していなかったんです。でも実績はかなり素晴らしかったです。

 

その方に電話相談し、結果受任してくれるという事になりました。事前に関連する資料を送っていましたが、その弁護士は「後医のカルテも全部見たい」と要求してきました。

 

この外科医兼弁護士は「手術しなかったから3年延命できたとも言える。手術してその後転移となることも多いから。その(見落とした)時点で手術できていたら更なる延命ができたと主張はできない。」とはっきり言ったし、後医の大病院で最初にCT検査をしたときすでに6㎜の肺転移があったことからも、「50日発見が早かったら転移していなかったとは言えない」と言いました。それは私も同意します。

 

しかしそうであれば、後医での治療経過をすべて知る必要があるでしょうか。「CT検査などの検査結果や所見をすべて送らせてもらうということではいけませんか。」と交渉してみましたが、全部いる、と。

 

全部って、1700枚の紙カルテがあって、それを一枚一枚コピーしていったら一体何十時間かかるか分からないですよ……。オフィスでリースしていたりするソーターがついた(自動的に一枚ずつ高速でコピーしてくれる)コピー機があればいいけど、個人の客にそんなコピーサービスしてくれるところは地方では知りません。

 

その法律事務所に「原本送っていいですか」と言ったら「うちでコピーするならコピー代一枚30円だ」と言われ、う~~ん、がめついわ~~~。と悩みました。

 

もしかしたら、この外科医兼弁護士は後医の大病院の方での落ち度を探せるかもしれないと、そちらも追求できるかもしれないと思ったのかもしれません。そうだとしたら、もうそれは分かっていました。

 

告知を希望しないと書いたのに絶望的な宣告を直接されたり、重粒子線センターに紹介状を書く依頼をしたときに現実より重篤であると嘘を書いて治療の適用がなされないように邪魔されたり。緩和病棟に移る直前はせん妄が出て嘔吐もしてどう見ても退院できる状態ではなかったのに退院させられそうになり、その直後に断末魔のように苦しみ悶え、ひどい扱いも受けました。ここの苦しんだ部分の看護記録はすっぽり抜かれていました。他にも入院中「この状態で呼吸器外したらだめでしょ?」って思うところで担当医の指示で外されて脳梗塞が起こりましたし。不手際はたくさんあります。言い出したらきりがないです。

 

しかしこの後医の病院は父が「訴えてくれ!」とは望まなかったことですし、もう遺族としては追及する気持ちはないので、カルテは詳しくは見てくれなくていいのです。提訴には必要不可欠ではないものを見たいとおっしゃるのは医師としての興味からですか?なんて聞けるわけもなく。

 

こんな感じで10件目も結局後医のカルテをコピーしたくないという私の都合により(という事になるのでしょうか……)依頼しませんでした。送った資料は着払いで却ってきました。

 

結局、カルテ改ざんの問題も法廷で決着がつけられなさそうだし、後医のカルテコピーという間接的な情報提供にかける膨大な時間と支払うお金が不本意で委任しないことにしたり、でも本当は後医の病院に対しても怒り心頭だったり、なんかもう、だんだん誰のために何を目標にしてこんなに時間をかけてこんなことやっているんだろうと思えて来ました。

f:id:suizougan:20220121200103j:plain
f:id:suizougan:20220121200333j:plain
色鉛筆で書き加えています。カルテに色鉛筆3色で見やすく書く爺さんなんて見たことない。最後の青の部分は追加の虚偽記載。父は「紹介状を書いてくれ」と頼んだのに「どこに書いたらいいか分からないようなもの書けない」と断ったのが真実。F田院長、私が聞いてもないのに「産大に行って内臓の検査をしてもらうように勧めた」と指さしながら説明。
あ~そ~ですか~(注:産大はお世話になったところではありません)

 

みなさまの応援クリックで元気が出ます!

 にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へにほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

f:id:suizougan:20220130105427j:plain

DIYです~